• トップ
  • ニュース一覧
  • 【藤田俊哉の目】カナダ戦で成しえなかった“耐えて忍んで勝点3”。逆転負けが良い方向に転がってほしい

【藤田俊哉の目】カナダ戦で成しえなかった“耐えて忍んで勝点3”。逆転負けが良い方向に転がってほしい

カテゴリ:連載・コラム

藤田俊哉

2022年11月19日

ゴールラッシュを期待したが…

カナダ戦は痛恨の逆転負け。ただ、鎌田(15番)のボランチ起用など新たなオプション作りでは一定の効果を得た。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[国際親善試合]日本1-2カナダ/11月17日/アルマクトゥーム・スタジアム(UAE)

 FIFAランキング24位の日本は、カタール・ワールドカップ前最後の強化試合で、同41位のカナダと戦った。

 この試合、遠藤や三笘、冨安などが怪我の大事をとってメンバーから外れ、板倉や浅野、田中ら戦線離脱していた選手がスタメンに立った。「調整」の意味合いが強かったとはいえ、やはりワールドカップに気分良く臨みたいことを考えても負けたくない一戦だった。

 カナダは強豪とは言えないものの、ワールドカップ予選でメキシコやアメリカ、コスタリカを抑えて首位通過をしてきたチームである。そんなカナダに勝ってチームとして勢いを持ってドイツ戦に挑みたい――。そんな期待を抱きながら試合を注目して観ていた。

 序盤は日本のプレスが効いていたし、柴崎のボールさばきからリズムを作りながら、狙い通りのゲームができていた印象だ。

 その流れから8分に、右サイドでスタメン出場した相馬が、柴崎からの浮き球のスルーパスに対してタイミング良く相手の最終ラインを抜け出し、先制点を決めた。

 相馬のゴールをきっかけに日本のゴールラッシュが見られたら……と思ったのだが、そう簡単にはいかないのがサッカーだ。
 
 雲行きが怪しくなったのは、日本がリードを奪ってからだ。カナダのCKを迎えるたび、相手の「高さ」で負けてヒヤヒヤさせられるシーンが続く。21分に右CKからついに同点弾を奪われてしまったのだ。

 セットプレーは、日本が改善すべき課題だ。ドイツが「高さ」を活かし、日本の急所を狙ってくることを容易に想像できる。当然、ドイツ戦ではセットプレーを与えたら、イコール失点を意味する。

 それぐらいの覚悟を持って、ドイツに「時間」と「スペース」を与えないコンパクトな守備をしなければ、勝点を拾うことはできないだろう。

 カナダ戦の話に戻れば、1-1になった後半、日本はさまざまなシステムをテストした。伊藤はサイドバックだけではなく、4バックのセンターバック、3バックの左センターバックでプレーし、鎌田はボランチという新たなオプションとして機能した。さらに残り5分からは、吉田を投入して3-4-3の布陣をテストしている。

 本大会を見据えた「調整」ということを考えれば、新たなオプション作りは一定の効果を得ることができたと言えるだろう。
 
【関連記事】
「力になれていない」闘莉王がカナダ戦で衝撃の“2.5点”と酷評した日本代表戦士は? 「W杯本戦で使うのは難しい」と指弾したのは…
「なんと馬鹿げたPKだ」「もう彼を出場させるな」日本戦で決勝ゴールのカナダ代表FWに母国ファンからまさかの批判殺到!
「三笘さんを最初から起用するとタケの使い方が難しくなる」本田圭佑が考える日本代表のアタッカー4枚は?「トップは…」
「海外を経験している選手とJの選手の違い」城彰二、カナダ戦で山根視来が与えたPKに見解!「無理に足を出すよりも…」
「どこでボールを奪うの? 全く連動性がない」城彰二がカナダ戦の森保ジャパンをバッサリ!「全然よくなかった」と指摘した選手は?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ