【J1展望】2ndステージ・15節|川崎 – 横浜|「奇跡のCS出場」と「奇跡のステージ優勝」へ勝点差は6。神奈川ダービーで差を縮めるのは?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2015年10月23日

川崎――U-22代表初招集の中野、直近9試合で10発の大久保に期待。

故障者/川崎=實藤、山越 横浜=ラフィーニャ、中町、端戸、仲川 
出場停止/川崎=なし 横浜=なし

画像を見る

 
J1リーグ2ndステージ・15
川崎フロンターレ - 横浜F・マリノス
10月24日(土)/14:00/等々力陸上競技場
 
川崎フロンターレ
2ndステージ成績(14節終了時):7位 勝点23 7勝2分5敗 28得点・20失点
年間成績(31試合終了時):5位 勝点53 16勝5分10敗 60得点・46失点
 
【最新チーム事情】
●大久保、大島、小林が別メニュー調整も、横浜戦には間に合う公算。
●広島戦の敗戦でCS出場は絶望的ながら、まだ数字上の可能性があり、チームの雰囲気は悪くない。
●好調な横浜との対戦は「セットプレーがカギを握る」と選手たちは口を揃える。
●大島に加え、中野がU-22代表候補キャンプに招集。リオ五輪予選に向けて生き残りを懸ける。
 
【担当記者の視点】 
 朗報のひとつは、中野のU-22代表候補キャンプ招集だ。10月25日~29日に佐賀キャンプが控えるなか、初招集となった中野はアピールに燃えている。横浜戦で目に見える結果を残して、良い形でサバイバルキャンプに乗り込みたいところだ。横浜の右サイドは、アデミウソンと小林が先発の見込み。中野のドリブルで主導権を握れるか注目される。
 
 横浜戦の最大の見どころは、やはり大久保のゴールだろう。J1通算得点数は現在155。最多の中山雅史(157)まであと2ゴールに迫る。もっとも、広島の佐藤寿人も156と肉薄しており、どちらが先に“ゴン越え”を果たすか興味深いところだ。また、大久保は今季のリーグ得点王でもトップに立ち、2位の宇佐美貴史とは3ゴール差。直近の公式戦9試合で10ゴールと勢いもあるだけに、両方の得点ランキングで記録を伸ばしたい。
 
 チーム状況としては、まだCS進出の可能性が残る。年間3位のFC東京が勝点59。川崎は勝点53で、残り3試合でその差は6。今節の動向次第では、その差が3に縮まるだけに、まずは確実に勝利を掴み取りたい。
 
■「2015年J1リーグ得点ランキング」(10月23日時点)
順位 得点 名前(所属)                                         
1  22  大久保嘉人(川崎)
2  19  宇佐美貴史(G大阪)
3  16  ドウグラス(広島)
4  15  豊田陽平(鳥栖)
5  13  クリスティアーノ(柏)
 
■「J1通算得点ランキング」(10月23日時点)
順位 得点  名前(所属)                                      
1  157  中山雅史(元磐田など/現・JFL沼津)
2  156  佐藤寿人( 広島)
3  155  大久保嘉人(川崎)
4  152  マルキーニョス(神戸)
5  146  前田遼一(FC東京)
 
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ