【広島】劇的な一撃でチームを勇気付けた山岸智。美しき男泣きの訳

カテゴリ:Jリーグ

小田智史(サッカーダイジェスト)

2015年10月18日

決して気持ちを切らさなかった姿をサッカーの神様は見ていた。

ゴールが決まった瞬間、気付くとサポーターの待つスタンドに走り出していたという。スタジアムを歓喜の渦に誘う、劇的な一撃だった。 写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 広島の勝利を告げる試合終了のホイッスルが鳴った瞬間、ふいに山岸の頬を涙がつたった。人間味あふれる、実に美しい男泣きだった。
 
 広島は50分に柴﨑のスーパーゴールで先制し、川崎にボールを支配されるなかでも優勢に立った。しかし、83分にJ1通算最多得点記録にジワジワと迫る大久保に強烈なミドルを食らい、ドロー決着も覚悟しなければいけない流れだった。右WBの清水が「プレー続行不可能」(森保監督)な状態となり、90+1分にピッチに立った山岸に与えられた時間はおよそ3分。ドラマはそのわずか2分後にやってきた。
 
 自陣でこぼれ球を拾った浅野が、ひとりでカウンターを発動。サイドから上げたクロスはDFの足に弾かれるも、クリアが甘くなって山岸の下に飛んでくる。「バウンドが難しかった」ボールにダイレクトで左足を振り抜くと、シュートは一直線に川崎ゴールに突き刺さり、劇的な決勝ゴールは生まれた。
 
 まさに“鳥肌モノ”のシナリオだが、浅野がボールを持った瞬間、山岸は「俺のところに(ボールが)来い!!」と願ったという。
 
「カウンターの応酬みたいになっていたので、ウチが良い形でボールを運べれば、チャンスになるかなと思っていた。持ち直すと(相手DFに)詰められそうだったので、枠に飛ばそうと抑える形でシュートを打ったらいいところに行った。最後まで分からない展開だったし、信じて走って良かったなと」
 
 山岸は今季、開幕前に左ふくらはぎを痛めると、太ももの肉離れにも見舞われ、シーズンを出遅れてしまった。復帰後も若手の台頭もあってベンチ外の日々が続いたが、決して気持ちは切らさなかった。
 
「苦しい状況だったけど、最後まで自分を信じていた。僕自身、(出番をなかなか得られない)若手に対して『腐ってはダメだぞ』とずっと言ってきたので。そういうなかで、自分がなにかを伝えていかなければいけない部分もあったと思うし、結果として、頑張っていればこうなるかもしれないと示すことができたのは嬉しかった」
【関連記事】
【J1採点&寸評】2ndステージ・14節|全カードの出場選手&監督を現地取材記者が評価
2015 J1 2ndステージ日程【13節~17節】
【浦和】G大阪戦後の“ある質問”に阿部勇樹が激怒。「正直、頭に来た」
【J1採点&寸評】広島×川崎|途中出場のベテラン山岸が大仕事。大久保のJ1通算155点目も霞む劇的決勝弾で、広島が年間1位に返り咲く
【清水】降格を招いた要因は、修正力と判断力の欠如だ

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ