なぜ甲府は天皇杯で優勝できたのか。広島DFの言葉にジャイアントキリングの要因が凝縮されていた

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2022年10月17日

「いつも練習から言われているので」

華麗なパスワークから三平(写真中央)が先制点をゲット。見事なコンビネーションだった。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[天皇杯決勝]甲府1(5PK4)1広島/10月16日/日産スタジアム

 ビッグサプライズである。J2のヴァンフォーレ甲府は、天皇杯でJ1クラブに5連勝を飾り、見事に優勝を果たした。北海道コンサドーレ札幌(2-1)、サガン鳥栖(3-1)、アビスパ福岡(2-1)、鹿島アントラーズ(1-0)を退け、決勝戦ではサンフレッチェ広島と対戦し、1-1で迎えたPK戦を制してタイトルを獲得した。

 甲府はなぜジャイアントキリングを起こせたのか。試合後、広島のDF荒木隼人が語った言葉に、その要因が凝縮されていた。

「僕たちのサッカーよりも相手のサッカーが良かったから、相手のほうが試合の主導権を握れた。守備でハードワークをするし、ボール奪取後はシンプルに縦につけられる時は縦パスを出してくる。ボールを保持できる時はボールを保持する。そういうメリハリがありました。僕たちも良さを出したかったけど、それよりも相手の良さが上回った」

 確かに甲府は特に前半、相手の出方を見ながらパスを回し、広島の守備陣を翻弄した。キャプテンマークを巻いた荒木翔が、胸を張って口を開く。

「いつも練習から言われているのでね。『前の人が動いたら、次の人が動く』『ボールを中心に動く』というところは、ずっと言われてきた。今日のセットプレーも、スタッフが準備してくれたものを上手く体現できた」

 先制点も、ボールを基軸に相手の動きを見ながら、巧みな動き出しの連続で敵の守備を崩した得点だった。26分、ショートコーナーで長谷川元希が相手を揺さぶり、空いたスペースに荒木が走り込む。敵を食いつかせてからクロスを送ると、ゴール前で相手のマークを外した三平和司が合わせてネットを揺らした。

 崩しのバリエーションはショートパスだけではない。準決勝の鹿島戦では浦上仁騎からのロングフィードに宮崎純真が抜け出し、相手GKとの1対1を制して決勝点を決めた。ボールを基軸に相手の動きを見て、裏を突いたという点では広島戦の得点と共通しているだろう。
 
 甲府に天皇杯のタイトルをもたらした吉田達磨監督は、第1次政権の2017年からビルドアップの強化に取り組んできた。同年はJ2降格の憂き目に遭い、18年は序盤から低迷してシーズン途中に解任されたが、地道に植え付けたエッセンスはチームに根付いていた。18年にコーチとして吉田監督を支えて19年から甲府の監督を引き継ぎ、21年にJ2の3位に導いた伊藤彰監督(現仙台)は言っていた。

「吉田監督のおかげで、選手たちは僕の要求に対する理解が早いんですよ。やっぱり、吉田監督が特にポジショニングの面で、サッカーの本質を選手に教えてくれたのは大きかった」

 今季に再任した吉田監督は、伊藤前監督が引き継いだ自らのアイデンティティを再び成熟させ、天皇杯優勝に導いた。コツコツを水を与え、日産スタジアムでようやく大輪の花が咲いた。このタイトルは、信念を貫き、努力し続けた成果である。

取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】天皇杯決勝の地・日産スタジアムに駆け付けたヴァンフォーレ甲府サポーター!
【関連記事】
【天皇杯決勝|採点】甲府1(5PK4)1広島|好守連発の守護神が堂々のMOM! 川村はPK失敗も豪快な同点弾は色褪せない
「人生が終わったと思った」山本英臣にサッカーの神様が微笑んだ理由。後輩が明かす甲府のバンディエラからの「貴重な言葉」が天皇杯優勝の要因だ
「サッカー人生そのものみたいな試合」天皇杯初優勝の甲府、42歳・山本英臣の劇的展開にファンも胸いっぱい「未来永劫語り継がれる伝説」
「史上最大の下剋上」甲府の天皇杯制覇に、ブラジルメディアの日本通記者も驚嘆!「J2リーグで7連敗中のチームが…」
「まさに“ラスボス”」の広島を倒して戴冠! 吉田監督は「小さなこと」を忠実に実行した選手たちを称える

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよJ開幕目前!
    2月9日発売
    2023シーズン
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想や見所など総点検!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ