• トップ
  • ニュース一覧
  • 優勝が懸かる大一番、横浜はなぜ勝てなかったのか? 水沼宏太は“崩す力”に自信も…「不甲斐ない」

優勝が懸かる大一番、横浜はなぜ勝てなかったのか? 水沼宏太は“崩す力”に自信も…「不甲斐ない」

カテゴリ:Jリーグ

手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

2022年10月08日

3年ぶり優勝は次節に持ち越し

再三、決定機に絡んだ水沼。しかし決め切れず「すごく悔しい」と肩を落とした。写真:徳原隆元

画像を見る

[J1第32節] 横浜0-2G大阪/10月8日/日産スタジアム

 横浜にとっては優勝が懸かる大一番、G大阪にとっては残留に向けた重要な一戦とあって、日産スタジアムには3万2516人もの観客が訪れた。

 横浜は、この試合に勝利すれば、他会場の結果次第で2019年以来、3年ぶりの優勝が決まる。立ち上がりからパワフルな攻撃で主導権を握り、猛攻を仕掛けた。しかし、逆にセットプレーから8分にファン・アラーノに先制点を決められる。

 その後もボールを保持したが、引いて守る相手の守備ブロックを崩し切れず。GK東口順昭の好セーブなど、相手の粘り強い守りにも苦しめられると、79分、パトリックの得点でG大阪に追加点を献上。このまま最後まで一矢報いることもできず、力尽きた。
 
 右ウイングで先発フル出場を果たし、決定機に多く絡んだ水沼宏太は、「ホームでこれだけの皆さんに集まってもらって、戦えたことはサッカー選手としては幸せ。でも勝たないことには皆さんを喜ばせることはできない。それを成し遂げられなかったのはすごく悔しい」と唇を噛んだ。

 また敗戦の原因については、「決め切る力が足りない」と何度も強調。チームの現状を次のように分析した。

「先制点を取られた時間帯が早くて、そこから守備で引かれる時間も長かった。チャンスはたくさんあったし、自分自身も決められるチャンスはあったので、そういうところを決めていかないと、こういう結果になってしまう」

 ただ一方で、チームの“崩す力”に対しては、G大阪戦で再三シュートまで持ち込めていたように、自信を持っている。

「こんなに引かれた相手でも、僕たちは崩せられるようになっているというチームの成長は感じる。だからこそ、今日も多くのシュートを打ちましたけど、そのなかで1本も決めれないのは、自分たちとしては不甲斐ない。決めないと試合に勝つことはできないので、今日の反省を活かして、次の試合に臨みます」

 この敗戦で首位の横浜は、2位川崎に勝点差を5まで縮められてしまった。今シーズンを笑って終わるためには、次こそ勝利を掴みたい。次節は12日、ホームでジュビロ磐田と相まみえる。

取材・文●手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

【PHOTO】どこもかしこもデザイン刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブ”美女チアリーダー”を一挙紹介!

【PHOTO】横浜F・マリノスの歴史を彩った名手たちと歴代ユニホームを厳選ショットで一挙紹介!
 
【関連記事】
【J1採点&寸評】横浜0-2G大阪|圧巻プレーの“帰ってきたエース”をMOMに! マリノスは右サイドの連係が光ったが…
横浜、7戦ぶり黒星でJ1優勝決定はお預け…。G大阪がファン・アラーノ&パトリック弾で2-0快勝
「待たせやがって」新潟の6年ぶりJ1昇格決定にファン歓喜!「ほんと良いチームになった」
「いま凄いんじゃないですか」内田篤人が絶賛した2人の日本人選手は?「素晴らしい。絶好調だよね」
「可愛さの破壊力すげぇ」「セクシー」なでしこ岩渕真奈が眩いビキニ姿を披露! 熊谷紗希とバカンスを楽しむ様子が反響

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ