絶不調のインテルがチャルハノールの圧巻ミドルでウノゼロ勝利! 敗れたバルサは3戦2敗で厳しい状況に【CL】

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年10月05日

前半アディショナルタイムに先制

圧巻のミドルシュートを叩き込んだチャルハノール(右)。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間10月4日に開催されたチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第3節で、バイエルン、インテル、バルセロナ、プルゼニが同居したグループCでは、ともに1勝1敗でドイツ王者を追うインテルとバルサが前者のホームで対戦した。

 先にチャンスを作ったのは、セリエAで8戦4敗と絶不調のインテル。7分、チャルハノールがミドルシュートを放つも、敵GKテア・シュテーゲンに阻まれる。

 その後もホームチームがボールを支配。とりわけ左ウイングバックのディマルコからチャンスを作り出そうとする。

 迎えた前半アディショナルタイム、ディマルコのパスを受けたチャルハノールがエリア外から右足を一閃。グラウンダーのミドルで先制ゴールを挙げる。
 
 エースのレバンドフスキが精彩を欠き、前半はデンベレの個人突破頼みだったバルサは61分、そのデンベレがボックス内で左足のシュートを放つも、ここはバルサ出身のGKオナナに右手一本で阻まれる。
 
 迎えた67分、デンベレのクロスのこぼれ球をペドリが詰めてネットを揺らすも、オンフィールドレビューの末、その直前にファティのハンドがあったとして、ゴールは認められない。

 結局、1点を守り切ったインテルがウノゼロ(1-0)勝利。バルサは早くも2敗目を喫し、厳しい状況に追い込まれた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】どこもかしこもデザイン刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!
【関連記事】
「憤慨している。不公平だ」「ハンドは明らか」バルサのシャビ監督、CLインテル戦の“PK”を巡る判定に激怒!
「タケの復帰への扉は大きく開いている」久保建英の活躍を古巣マドリーの番記者はどう見ている?「クラブは手放したのを後悔はしていない」【現地発】
「メディアの評価の仕方がバカばっかりで呆れる」本田圭佑が怪物ハーランドへの報道に苦言。「凄い選手というのは間違いないけど…」
長谷部誠が大奮闘!リシャルリソンを煽る場面も!鎌田大地も先発したフランクフルトはトッテナムとスコアレスドロー【CL】
「迷惑かけました。この前の代表戦でも…」伊東純也、“人生初”一発レッドの謝罪投稿が反響!「どんだけいい子」「日本人だなぁ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ