「憤慨している。不公平だ」「ハンドは明らか」バルサのシャビ監督、CLインテル戦の“PK”を巡る判定に激怒!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年10月05日

67分のゴールはハンドで認められず

ヴィンチッチ主審(左)の判定に不満を爆発させてシャビ監督(右)。(C)Getty Images

画像を見る

 判定に怒りが収まらないのが、敗軍の将となったバルセロナのシャビ監督だ。

 現地時間10月4日に開催されたチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第3節で、バルサは敵地サン・シーロでインテルと対戦。前半アディショナルタイム2分に、ハカン・チャルハノールに決められたミドル弾で0-1と敗れた。

 物議を醸しているのが、90分の判定だ。セルジ・ロベルトの折り返しに対し、ペナルティエリア内のアンス・ファティがヘッドで合わせようとしたところをインテルのMFデンゼル・ドゥムフリースがクリア。これが頭ではなく、手に当たっていたのではないかとバルサ陣営は猛抗議をするも、VAR検証を経てもハンドは取られなかった。
 
 バルサは、67分にウスマンヌ・デンベレのクロスのこぼれ球をペドリが詰めてネットを揺らすも、VAR介入→オンフィールドレビューの末、その直前にファティのハンドがあったとして、ゴールが認められなかった。それだけに、余計に不満を感じていたのだ。

 スペイン紙『Mundo Deportivo』によれば、シャビ監督は「我々に起こった状況に憤慨している。不公平だ。全く理解できない」とこのジャッジを猛烈に批判。こう続けている。

「審判は話さなければならない。ハンドは明らかだ。説明すべきだ」

 これで、CL3試合で2敗目を喫したバルサ。好調な国内リーグとは打って代わり、苦境に追い込まれた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】PKなしは妥当? シャビ監督が激怒したインテルMFのクリアシーン

【PHOTO】どこもかしこもデザイン刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!
【関連記事】
「タケの復帰への扉は大きく開いている」久保建英の活躍を古巣マドリーの番記者はどう見ている?「クラブは手放したのを後悔はしていない」【現地発】
「メディアの評価の仕方がバカばっかりで呆れる」本田圭佑が怪物ハーランドへの報道に苦言。「凄い選手というのは間違いないけど…」
“難航”に見えたガビとバルサの契約延長の舞台裏。決め手となったのはシャビ監督の評価「プレー強度は凄まじいものがある」【現地発】
「迷惑かけました。この前の代表戦でも…」伊東純也、“人生初”一発レッドの謝罪投稿が反響!「どんだけいい子」「日本人だなぁ」
「アンチェロッティはナカイを選んだ」マドリー中井卓大、トップ練習に“残留”で現地メディア見解!「遠くない将来に追加される可能性がある」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ