• トップ
  • ニュース一覧
  • 新国立で初のJFL開催へ! クリアソン新宿が“国内屈指の大バコ”でホームゲームを行なう意義「やるからには黒字にする」

新国立で初のJFL開催へ! クリアソン新宿が“国内屈指の大バコ”でホームゲームを行なう意義「やるからには黒字にする」

カテゴリ:特集

海江田哲朗

2022年09月30日

チケット販売数が1万3000枚を突破

クリアソン新宿の丸山代表。クラブ創設以来の地道な積み重ね、国立競技場での試合開催がついに実現する。

画像を見る

 今季、JFLに昇格したばかりのクリアソン新宿(以下、クリアソン)が大勝負に打って出る。

 クリアソンは10月9日、第24節のホームゲームを国立競技場で開催。相手は三浦泰年監督、三浦知良を擁する鈴鹿ポイントゲッターズだ。

 JFLのクラブが国立競技場で試合を開催するのは史上2回目となり、改修後は初めて。クリアソンの丸山和大代表はこう語った。

「新宿をホームタウンとするクラブとして、地域の方々に足を運んでもらいやすいスタジアムで試合を開催することの意義は大きい。また、大きな視点では国立競技場を価値あるレガシーにしていくために、いかに有効活用できるかというテーマもあります。地元のクラブとしてその一端を担い、社会に貢献する使い方ができるようになっていきたい」
 
 クリアソンは関東リーグ1部に属していた昨年2月の段階で、異例とも言えるJリーグ百年構想クラブの認定を受けている。来季のJ3ライセンスは施設面が未充足として不交付になったが、依然として将来性の高さを評価されるクラブのひとつだ。

「いくら我々が国立を使わせてほしいと希望しても、東京都サッカー協会をはじめ、JSC(日本スポーツ振興センター)や新宿区、商工会議所などの関係団体の協力なくして実現しませんでした。まだ足りないところだらけのクラブではありますが、創設以来の地道な積み重ね、信頼関係の構築により、たくさんの方々が『一緒にやろう!』と機運を高めてくださったおかげです」

 とはいえ、収容人数6万8000人。先の東京五輪でメイン会場となった国内屈指の大バコである。Jリーグでもこの規模に見合うクラブはほんの一部に限られる。

 てっきり赤字覚悟でクラブの知名度アップ、プロモーションに重きを置いたものかと捉えていたが、そうではなかった。9月末の時点で前売りチケットの販売数は1万3000枚を突破。1階席を埋め尽くす目標の2万人に向けて、日々数字を上積みしている。

「パートナー企業からの協賛金や入場料収入の見込みで、すでに損益分岐点は超えています。小学生以下の無料ゾーンを設けた以外、招待券はほぼ出してないですね。やるからには黒字にするつもりで取り組み、サッカーの価値を感じてもらえるようにするのがコンセプトですので」
 
【関連記事】
「もう辞めるかなって思ったけど…」内田篤人が番組中にまさかの涙。声を震わせながら、後輩選手に「後悔してほしくない」
「旗手が外されたのは不可解」セルティック地元メディアがW杯メンバーの当落を予想「古橋と前田は…」
「可愛さの破壊力すげぇ」「セクシー」なでしこ岩渕真奈が眩いビキニ姿を披露! 熊谷紗希とバカンスを楽しむ様子が反響
「トミヤスの帰還は謎に包まれている」冨安健洋の日本代表離脱にアーセナル地元メディアは困惑。「『クラブ事情』が何を意味するかは誰にも分からない」 
英紙が「W杯出場国ランキング」を更新! 1勝1分けの日本は5ランクアップも課題を指摘「決勝T進出のためにはもっと…」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ