「ワールドクラスではない」チェルシーOBが母国の英雄ベッカムをバッサリ!ケインと比較も「ソンとのテレパシーを見れば…」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年09月28日

「イングランドのベストイレブンの中にもいない」

イングランド代表のレジェンド、ベッカム。華麗なプレーで世界中を魅了した。(C)Getty Images

画像を見る

 デイビッド・ベッカム――。正確無比な右足から繰り出す華麗なプレーと、モデル顔向けの端正な顔立ちを兼ね備えた、言わずと知れたスーパーレジェンドである。

 ただ、かつてチェルシーなどでプレーしたジェイソン・カンディ氏は、母国イングランドの英雄に対し、大衆とは少々異なる考えの持ち主だ。『talkSPORT』の番組出演時に、ストライカーであるハリー・ケインでさえ、パサーとしては上だと豪語している。

「確かに彼は今まで見たなかで最高のクロッサーで、ワイドエリアからのボールには(ルート・)ファン・ニステルローイが唇を舐めていたほどだ。そして今、ケインのことを考えている。今のケインは動きも良いし、ソン(・フンミン)とのテレパシーを見れば、彼とベッカムが一緒にイングランドのシャツを着ていたら、どんな風に見えるか想像できるだろう」
【動画】終了間際、ベッカムがギリシャ相手に決めた伝説のFKをプレイバック
 ストレートに「ベッカムとスリーライオンズの現キャプテンのうち、どちらがより良いボールを配給するか」と問われた際にも、「ケインだ。ベストパサーの1人だからね。ケインのパスは信じられないほど素晴らしいよ」と訴えた同氏は、続けてこうも語っている。

「ベッカムは最高の選手の1人ではない。これまで見たなかで最高のクロッサーではあるが、私はむしろ(ラヒーム・)スターリングがいいと思っている。スターリングはより多くのゴールを決めている。ベッカムはイングランドで素晴らしい選手だったが、ワールドクラスではなかったし、イングランドのベストイレブンの中にもいない」

 現在47歳の貴公子は、日韓ワールドカップ出場に導いたギリシャ戦でのFKをはじめ、そのキャリアの中で数々の印象的なシーンを生み出した。だが、カンディ氏はやや過大評価だと感じているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】あの時、君は若かった…厳選写真で振り返るレジェンドたちの“ビフォーアフター”(海外編)

【PHOTO】どこもかしこもデザイン刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!
【関連記事】
元イングランド代表ベッカムは、なぜエリザベス女王弔問で13時間も一般列に並ぶことを選択したのか? “特別待遇”を拒否したワケとは
【セルジオ越後】スタメン総入れ替え? 意味が分からないね。三笘は起用法より実力そのものが疑問だ
「南野は空回りしていた」「屈強なる長友」海外記者がエクアドル戦に出場した森保ジャパン全17選手を独自採点!
【采配検証】なぜ旗手怜央と瀬古歩夢を一度もプレーさせなかったのか。相変わらず理解に苦しむ
【ドイツ遠征総括】森保ジャパン全30人の通信簿。ワールドカップメンバー生き残りへアピールしたのは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ