マラソン挑戦を控えたカカが様々な質問に回答!「ミランとマドリーの優勝、どっちがエンジョイ?」「一緒に走りたい元同僚は?」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年09月25日

推しは後輩ネイマール「ネイにこだわっていく」

初のフルマラソンに挑戦するカカ氏。現役引退後も精力的だ。(C) Getty Images

画像を見る

 現地時間9月25日に自身初のフルマラソンに臨む元ブラジル代表MFカカ氏が、スペイン紙『Marca』のインタビューに対応。今回の挑戦の背景や、後輩たちについて語った。

 現在40歳のカカ氏は、サンパウロ、ミラン、レアル・マドリーでプレーした後、2017年にMLSのオーランド・シティでユニホームを脱いだ。

 マラソンを走り始めた理由は「2017年に引退し、翌年になっても友人とちょっとした試合でプレーしていたが、さらなるモチベーションが必要だった。それで一歩踏み出した」と説明し、来る日に向けて入念な準備を行なってきたことを明かした。

「2020年、21年は(パンデミックの影響で)まだマラソンを走るつもりはないと思っていたから、練習は週2回しかしていなかったが、ここ9か月間は、週5日、うち3日はランニング、2日はジムでトレーニングしている。この2か月で走行距離を伸ばしていて、最長で32キロを走った。

 3時間40分でゴールしたいけど、もう少し速く走れるようならトライする。リオ・ハーフマラソンで分かったのは、レースになるとモチベーションやエネルギーがトレーニングの時よりも高くなるという点だ。その日は1時間46分で走ろうと思っていたが、1時間39分でゴールしたよ」
【PHOTO】ブラジル、イングランド、フランスも刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!
 インタビューの中盤から、話題はサッカーへ。「ミランのスクデット獲得と、マドリーのラ・リーガとチャンピオンズリーグの2冠。今年1年でどちらのほうがエンジョイした?」という、踏み込んだ問いにはこう答えた。

「良い質問だね。ミランは何年も経ってからイタリアで脚光を浴び、それは驚異的だったけど、パリでの決勝戦は生で、マドリーがあのようにチャンピオンズリーグを制するのを見た。本当に決めかねるよ」

 カタール・ワールドカップ(W杯)の開幕まで2か月を切った。3大会続けて大舞台に立ち、20歳で出場した日韓W杯では優勝も経験したレジェンドは、今大会で母国ブラジルと、その永遠の宿敵アルゼンチンに対抗できるチームに言及。前回王者フランスや、日本がグループステージで同居するドイツとスペインの名を挙げた。

「特にフランスは、素晴らしい選手が揃っていて、王者でもあるから、優れたライバルだ。スペインやドイツも手強いライバルだけどね。あとは、クリスティアーノ(・ロナウド)がどう仕上げてくるかだが、良いチームのポルトガルから目が離せない。もちろんベルギーもいる。彼らは素晴らしいチームにもかかわらず、最後はたいてい失敗してしまうね」

「現在の世界のスターたちの中で、1番好きな選手」には、セレソンの後輩をチョイスした。

「個人的な関係が良いからなのか分からないが、ネイマールのプレーが大好きだ。もちろん、(キリアン・)エムバペや(リオネル・)メッシ、クリスティアーノ、あるいはヴィニシウス(・ジュニオール)など、他の選手を見るのも好きだ。だけど、私はネイにこだわっていくつもりだ」

 カカ氏はブラジルの20年ぶりのW杯制覇と同時に、現エースの活躍を願っているようだ。ちなみに「マラソンでそばにいてほしい元チームメイトは誰?」というトリッキーな質問には、ためらいながらも「ロベルト・カルロス」と答えている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】守備が緩すぎ? ブラジル代表が1分13秒間、25本のパスを繋いで奪ったゴラッソ

【PHOTO】鎌田&三笘がゴール! 日本vsアメリカ戦の激闘を厳選フォトでお届け!
【関連記事】
“史上最高額”から急落していた久保建英の「市場価値」がついに上昇! 750万ユーロから20%増で日本人選手では何位に?
C・ロナウドが衝撃の大量流血。相手GKのパンチングが直撃、顔面が血で染まるもプレー続行!「残忍な衝突で血まみれに」と海外報道
冨安健洋の日本代表離脱に英紙が敏感に反応!「ガナーズファンを心配させる」「ターナーとのシャツ交換時に怪我の兆候はなかった」
「圧倒的なオーラ」長谷部誠、日本代表のベンチに座る姿が話題!「スーツと靴が渋すぎる」
「強力なアメリカがいとも簡単に裸にされた」“ライバル”を圧倒した森保JにW杯対戦国コスタリカのメディアも驚愕!「プレスとスピードで粉砕した」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよJ開幕目前!
    2月9日発売
    2023シーズン
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想や見所など総点検!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ