“史上最高額”から急落していた久保建英の「市場価値」がついに上昇! 750万ユーロから20%増で日本人選手では何位に?

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年09月24日

20年7月に3000万ユーロ

今夏に移籍したソシエダで攻守にインパクトを残している久保。(C)Getty Images

画像を見る

 レアル・ソシエダ移籍の効果がここでも表われた格好だ。

 ドイツの移籍専門サイト『transfermarkt』が9月23日、ラ・リーガに所属する選手の「推定市場価格」を一斉に更新した。

 この「推定市場価格」は、選手の能力や実績、年齢、過去の移籍例などを総合的に判断して弾き出される評価額で、移籍マーケットにおける“市場価値”を示す指標として定評がある。

 今夏にレアル・マドリーからソシエダに移籍した久保建英は、750万ユーロ(約10億5000万円)から900万ユーロ(約12億6000万円)の20%アップとなった。

【動画】現地メディアも絶賛!久保建英の猛プレス→執念の2試合連続アシストをチェック

 現在21歳の日本代表MFは、マジョルカでのラ・リーガ1年目を終えた2020年7月に日本人史上最高額となる3000万ユーロ(現在のレートで約42億円)をマークした。ただ、そこから2シーズンは思うように結果が残せず、750万ユーロまで急落してしまった。

 しかし、今夏に移籍したソシエダでは公式戦全8試合に出場して、2ゴール・1アシスト。名手ダビド・シルバと好連係を見せるなど輝きを取り戻している。

 この改定により、日本人選手の「推定市場価格」ランキングでは、7位タイから単独4位に浮上。1位は冨安健洋(アーセナル)と鎌田大地(フランクフルト)で2200万ユーロ(約30億8000万円)、3位は南野拓実(モナコ)で1000万ユーロ(約14億円)となっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「えぐい」「激アツ」と反響!利き足とは逆の右足で絶妙の“股抜きパス”!移籍後初アシストをマークする久保建英

【PHOTO】日本代表が新ユニホームを発表! 久保、南野、岩渕など選手着用ショット!

【関連記事】
「守備に協力的でデストを止めた」左サイドで攻守に奮闘の久保建英をスペイン紙が賞賛!「最高のニュースは…」
「いつもクボが守備に苦労し、チームを助けていないと…」久保建英、現地記者が驚いた“献身性”に見解!「長い間、言われてきた」
「クボの獲得を疑っていたが、ヤヌザイとは大違い」久保建英のクオリティ、献身性、メンタリティを現地絶賛!「シルバのように誰も予想できないことを…」
日本人選手の「最新市場価値ランキング」、上位に変動で鎌田大地がトップに浮上! 評価急上昇で三笘薫をも上回った“A代表未経験アタッカー”は?
「エイジ・クボはプレーできない」久保建英の弟、15歳の瑛史はソシエダ下部組織に正式入団叶わず。兄が「理解できない。テニスではありえない」と語ったFIFA規則が影響と現地報道

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ