【日本代表/シリア戦展望】香川や原口ら“仕掛け屋”が輝けるか? 積極的な交代策にも期待

カテゴリ:日本代表

五十嵐創(サッカーダイジェストWEB)

2015年10月07日

シリア戦はベストに近い状態で挑めるだろう。

シリア戦の予想スタメン。2次予選の大一番だけあり、“鉄板”のスタメンで試合に挑むはず。左サイドでは原口が宇佐美をリードか。攻めあぐねる展開になれば、柏木や柴崎の早めの投入でビルドアップをテコ入れしたい。

画像を見る

 ハリルホジッチ監督率いる日本代表が、10月8日にグループE・1位のシリアとの直接対決を迎える。この試合はロシア・ワールドカップ・アジア2次予選の山場で、仮に日本が敗れるようなら、2次予選の1位通過が絶望的になる重要な一戦だ。
 
 10月5日から試合会場のオマーンに入った日本代表は、幸いひとりの怪我人も出さずに調整を進めている。もちろん、中東特有の暑さは大きなハンデだが、それでも選手たちは「言い訳にはできない」(南野)と士気は高い。インフルエンザの影響が心配された本田も「そこまで心配されるほど、大したことではなかったんですけども」と語っており、シリア戦はベストに近い状態で挑めるだろう。
 
 6日の練習では、「戦術的な確認をしました」(霜田技術委員長)と内容の濃い練習ができたようで、ミーティングでも「相手のことよりも、まずは自分たちのことだった」(同委員長)と、これまで叩き込んできた戦術の整理に時間を費やしていた。7日の前日練習も確認がメインになったはずで、「全選手がかなりモチベーションが高く、トレーニング中も戦う意識を見せてくれた」(ハリルホジッチ監督)と手応えを得ている。
 
 2日連続で非公開練習となるために明日のスタメンは不透明だが、これまでの采配を考えれば「今年で一番難しく、重要な試合」(同監督)なだけに、大胆な変更があるとは考え難い。やはり、岡崎や本田、香川といった面々が先発に並ぶのは確実で、戦術的にも「これまでの延長線上」(本田)という縦に早いサッカーを志向するはずだ。
 
 もっとも、シリアは引いて守りを固め、カウンターに活路を見出してくる可能性が高い。日本とすれば、そうしたスペースのない状態の相手をいかに崩せるかが、この試合の肝になるだろう。
 
 シリアの守備陣はフィジカル能力に長けたアル・サレフが4バックを統率し、その前でアンカーのアル・フセインが防波堤を務める形が予想される。これまでの予選3試合で無失点と安定感があり、とりわけフィジカル能力に優れた2CBの空中戦の強さは抜群だ。
 
 おそらく、ハリルホジッチ監督は、こうしたシリアの特長を踏まえて今回のメンバーを招集したのだろう。噂されたハーフナーなどの高さを備えたCFよりも、スピードのある武藤や南野を呼んだあたりに、ひとつの思惑がうかがえる。

現地入りしてからは戦術練習に時間を費やしているようで、ハリルホジッチ監督も一定の手応えを得ている様子。怪我人も出ず、大一番に向けて順調に準備は進められている。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

【関連記事】
【日本代表】揺らぐ本田圭佑の立ち位置。結果を残せなければ代表でのポジションも…
【日本代表】シリア戦で抜擢もあるか? ザルツブルクで結果を残す南野が進化した理由
【日本代表】2次予選最大の山場・シリア戦 勝利への3つのポイント
【独占インタビュー】長谷部誠「日本の強さを改めて示す意味でもシリア戦は重要」
【日本代表】塩谷司――止まった時計の針を動かす時が来た。恩師・柱谷哲二のエールに応えるために

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよJ開幕目前!
    2月9日発売
    2023シーズン
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想や見所など総点検!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ