【FC東京】今年の俺たちは違う! 今季7度目の「ウノゼロ」に見た進化の証

カテゴリ:Jリーグ

小田智史(サッカーダイジェスト)

2015年10月04日

河野と高橋を軸に、リーグ最多得点の広島攻撃陣をシャットアウト。

アンカーの高橋は時に最終ラインに加わって5バックを形成し、広島の攻撃に応戦。河野とともに守備時のキーマンとなった。 写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

「本当に大きな、大きな勝利だった」――。
 
 チャンピオンシップの出場権獲得に向けて、「絶対に負けられない」(橋本)試合が続くなか、フィッカデンティ監督は今季7度目の1-0で制した広島戦をそう評した。試合へのアプローチを重要視した指揮官はこの1週間、ステージ首位を走る広島の攻撃に対して綿密に守備の対策を練ってきたという。「高い位置からのプレッシングと、しっかりと後ろで待ってからのプレッシング」を行なううえでキーマンとなったのが、トップ下の河野とアンカーの高橋だ。
 
 河野は広島の攻撃の起点である青山がボールを持つとマンツーマン気味に付いてスローダウンさせ、一列前のシャドーにボールが入った際にはボランチの位置まで下がって4-4-2にシフト。加えて、「気持ちが入っていた」(河野)と序盤からボールホルダーに対してハイプレスをかける役割までこなし、失点のリスクヘッジに努めた。
 
 一方の高橋は、従来通りのアンカーにポジションを取る場合と、最終ラインに吸収されて5バックを形成する場合を臨機応変に使い分け。広島のサイド攻撃に、仮にSBがかわされてCBがカバーに出ても、中央にはもうひとりのCBと高橋の身長180センチ超が2枚残っているため、クロスへも難なく対応してみせた。
 
 フィッカデンティ監督はカウンターを警戒して、「スペースを与えないこと」も徹底していた。4-3-1-2はシステム上、中盤のサイドにスペースが生まれやすいが、インサイドハーフが運動量豊富に動いてWBやストッパーの前に立ちはだかった。米本は“スペース封じ”の秘密をこう振り返る。
 
「前線の選手がしっかり走ってくれたので、(ストッパーの)塩谷選手のところに僕が行くのか、(2トップの東)慶悟が行くか話し合いながらやっていた。慶悟が行った時には僕はしっかり中を締めて、僕が行った時には中のコースを切りながら、CBが狙いやすいようなプレッシャーの掛け方をしようと意識していた」
 

攻撃面でアクセントになった橋本。「もっと活躍できると思う」と飛躍を誓った。 写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月28日号
    2月14日発売
    2019年J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    あらゆる角度から総力予想
    特別付録は「選手名鑑」!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月7日発売
    最新スカッドを更新!
    2018-19シーズン
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ