【第2ステージ・ラスト5のシナリオ】FC東京編|難攻不落の守備と前田の決定力で「年間3位」は確保したい

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2015年09月30日

第2ステージ、年間成績ともにここまで最少失点。

攻守両面で要となっている左SBの太田。今季12アシストを誇る左足のクロスは他チームの大きな脅威となっている。写真:田中研治

画像を見る

 J1リーグ第2ステージも残すところ、あと5節。ステージ優勝争いはもとより、年間勝点に左右されるプレーオフ進出・残留争いも注目されるところだ。シーズンもクライマックスを迎え、各チームはラスト5試合をいかに戦うのか。担当記者がポイントごとに探る。
 
――◆――◆――
 
ポイント1)現時点の目標と、目標到達に必要な勝点は?
優勝/13(4勝1分け0敗ペース)
 
 当面の目標は、松本戦後(12節/1-0で勝利)の選手のコメントから察するに「年間3位」。すなわち、チャンピオンシップへの出場権獲得だ。現在年間4位のG大阪との勝点差はわずか1で、ひとつの黒星が致命傷になる可能性がある。羽生が「もう星は落とせない」と言うように、できれば無敗で乗り切りたい。
 
ポイント2)ラスト5試合に向けて現状の強みは?
 
 組織的な守備だろう。CB森重のパートナーとして丸山が急成長し、中盤では今季に熊本(J2)から復帰した橋本が台頭。オーバートレーニング症候群に陥った守護神・権田の代わりにV・アブラモフが健闘していることもあり、第2ステージ、年間成績ともに最少失点(前者は9、後者は27)とここまで堅守は維持できている。
 
ポイント3)累積警告や怪我人などの懸念材料は?
 
 前述の権田のほか、石川、梶山など主力メンバーに数名の怪我人を抱える。ただ、それでも堅守速攻のスタイルは崩さずに戦えている。今季J1で12アシストの太田や上り調子の前田といった攻守の要が、なんらかのアクシデントで離脱する事態になれば厳しいだろうが、誰が先発しても一定の組織力を保てるベースが今のFC東京にはある。
【関連記事】
【第2ステージ・ラスト5のシナリオ】G大阪編|リーグ戦、ACL、ナビスコ、天皇杯と4冠の可能性を残し、チーム内の士気は高い
【第2ステージ・ラスト5のシナリオ】広島編|全勝で第2ステージ・年間勝点でダブル1位を狙う
【J1採点&寸評】10月1日に日本代表メンバー発表! 国内候補選手の直近のパフォーマンスは?
【FC東京】神戸戦でハットトリック。前田が呟いたチームワークの良さを確信させたひと言
【指揮官インタビュー】マッシモ・フィッカデンティ(FC東京監督)|先制した16試合で15勝。抜群の勝率を誇る秘密とは?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ