「ドウアンは快進撃の象徴だ」独メディアがフライブルク堂安律を大絶賛!「ファンの心を完全に掴んだ」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年09月10日

シュトライヒ監督も高く評価

ファンから大声援を浴びた堂安。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間9月8日に行なわれたヨーロッパリーグのグループステージ初戦で、日本代表MF堂安律が所属するフライブルクは、アゼルバイジャン1部カラバフを2-1で下し、白星スタートを切った。

 この試合で先発し、決勝ゴールを決めた堂安に対し、現地紙『BILD』は採点でチーム内最高となる「1」を付けた(ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)。寸評では「再びDFの間をすり抜け、見事なゴールを決めた。フライブルクのベストプレーヤー」と賛辞を送っている。

 また、試合後の記者会見ではクリスティアン・シュトライヒ監督も日本人アタッカーに言及。「今日はスーパーゴールを決めた。そして、最高のプレーを見せ、非常に勤勉で、スペースによく姿を現わしていた」と活躍ぶりを称えている。

 さらに現地メディア『SPORTSBUZZER』は「ドウアンはブンデスリーガでも首位に立ったフライブルクの快進撃の象徴だ」と絶賛している。
【動画】フライブルクを勝利に導く! 堂安がELで決めた圧巻のドリブル弾
「彼はフライブルクの好調の波が続いている要因のひとつであり、間違いなくベストメンバーの一員である。ブンデスで首位に立ったことに対して懐疑的な声も上がっているが、欧州の舞台で見せた実力には説得力があった。

 堂安はファンの心を完全に掴んでいる。ELの試合が終わった後、サポーターは堂安をファンベースのステージに上げて絶賛した。時間はかからなかった。フライブルクでの7試合を終えて4ゴールを記録。800万ユーロ(約11億2000万円)という高額な新戦力だが、チームに欠けていた攻撃力をすっかり補ってみせた。彼は接戦になった際に違いを生み出すことができる。彼はその力を持っている」

 そして「軽快なフットワークとテクニック、ドリブルの強さを兼ね備えた日本代表選手は、守備の仕事でも絶対に手を抜かない」と称えた。

 現地では24歳の日本人アタッカーに対する期待は高まり続けている。今後のさらなる活躍に期待がかかる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【画像】日本代表が新ユニホームを発表! 久保、南野、岩渕など選手着用ショット!

【PHOTO】どこもかしこもデザイン刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!
 
【関連記事】
「ロッベンとかメッシが決めるやつじゃん」堂安律の2人抜き→圧巻左足弾に驚きの声! EL週間ベストゴールにもノミネート!「やべぇゴラッソだ」
「カッコよすぎる」「すごい男だ!」久保建英が投稿、マンUのブラジル代表コンビと“1対2激闘ショット”が反響!マドリーB中井卓大も反応
「タケめちゃごつくなったなぁ」久保建英とフランス逸材、マンU撃破に歓喜する“上半身裸”の2ショットが反響!「雰囲気が長友みたいになってきてる笑」
「ようやく輝ける場所を見つけた」マンU戦で活躍の久保建英に海外注目!「マドリーやバルサと比べれば地味な環境でも…」
「so beautiful」大宮V・仲田歩夢の“美白”トレーニング姿が反響!「めちゃくちゃ可愛い」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ