【J1速報】山形が5月以来の勝点3! 湘南の猛攻を凌ぎ第2ステージ初勝利!!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2015年10月03日

CKからディエゴが頭でねじ込む!

山形がディエゴのゴールで第2ステージ初勝利を飾った。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 J1リーグ第2ステージ13節の湘南対山形は、10月3日にBMWスタジアム平塚で行なわれ、山形が1-0で勝利。5月10日の柏戦以来の勝点3奪取となった。

 【J1 PHOTOハイライト】2ndステージ・13節

 試合は立ち上がりから互いに走力を活かした激しい攻防を展開。湘南は高山の突破力、最前線の藤田へのくさびを起点に山形ゴール前に迫る。一方の山形も前線のディエゴ、R・フランク、川西の3人を中心としたカウンターから好機を探った。
 
 しかし前半はともにフィニッシュ、ラストパスの精度を欠きノーゴール。前半をスコアレスで折り返す。
 
 後半に入ると、前半はシュートの少なかった山形が序盤から積極的なミドルシュートから打開を図る。R・フランクを起点に攻撃がスムーズに機能し始め、ゴールの予感が漂ってくる。
 
 そのR・フランクは65分に中島と交代したものの、71分に山形は待望の先制点をゲットする。左CKから大外のディエゴが折り返すと、混戦からのこぼれ球をディエゴが頭で押し込む。湘南DFのクリアも及ばず、ボールはゴールラインを割った。
 
 終盤は互いにゴール前にボールを運び、決定的なチャンスを迎える。湘南は89分、右サイドから押し込み古林がクロスを上げる。これを山形DFの當間がヘディングでクリアを試みるとゴールポストを直撃。あわやオウンゴールの場面も見られた。
 
しかし、その後もゴールは生まれず、山形が1-0で勝って第2ステージ初勝利。残留を果たすにはいまだ勝利が必要な状況には変わりはないが、今後に望みをつなぐ勝点3となった。
【関連記事】
【第2ステージ・ラスト5のシナリオ】山形編|残り5試合すべてが天王山。果たして奇跡を起こせるか
【第2ステージ・ラスト5のシナリオ】湘南編|“歴史的勝利”の先に、天皇杯制覇で強さを証明だ
【山形】最下位でも“玉砕”覚悟でスタイル貫徹――指揮官の男気が山形を救うか?
【日本代表/メンバー検証&スタメン予想】行き着いたのは、分かりきった結論。「テクニックとスピード」が主な選考基準に
【セルジオ越後の天国と地獄】ハーフナーという選択肢があっても良かったのでは?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ