【J1展望】2ndステージ・13節|仙台-横浜|互いの堅守を打ち破る武器を持っているのは?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2015年10月02日

仙台――セットプレーで強みを出したい。

故障者/仙台=金園、石川慧、村上 横浜=ラフィーニャ、田口、中町、齋藤
出場停止/仙台=なし 横浜=なし

画像を見る

J1リーグ 2ndステージ・13
ベガルタ仙台 – 横浜F・マリノス
10月3日(土)/14:00/ユアテックスタジアム仙台
 
ベガルタ仙台
2ndステージ成績(12節終了時):15位 勝点9 2勝3分7敗 14得点・20失点
年間成績(29試合終了時):11位 勝点32 8勝8分13敗 41得点・40失点
 
【最新チーム事情】
●金園が練習で足首を負傷。今節は先発を回避する模様。
●奥埜をFWに上げて、野沢の左サイドハーフ起用が濃厚。
●山本とウイルソンはベンチスタートが濃厚も、好調をキープ。
 
【担当記者の視点】
 前節・山形戦で引き分け(△1-1)、直近のリーグ戦3試合で負けなし。結果と内容が噛み合い始め、第2ステージが始まってから続いていた不調を脱したと見てもいいだろう。
 
 今節、ホームに迎えるのは、第2ステージ・5節からこちらも黒星のない横浜。直近のリーグ戦7試合で3失点と、まさに堅守を誇っている。また攻撃面も中村が好調をキープしており、セットプレーは仙台の脅威になるはず。
 
 ただ、今季の2度の対戦(リーグ戦1試合、ナビスコカップ1試合)で1勝1分と相性は悪くない。日本代表まで上り詰めたGK六反も、古巣相手に気合いは十分。守護神を中心にセットプレーを止め、逆に名手・梁や野沢の右足からゴールを仕留めたい。
【関連記事】
【J1採点&寸評】山形×仙台|3戦連続のドローで山形のJ1残留はさらに厳しい状況に
【第2ステージ・ラスト5のシナリオ】仙台編|残留への見通しは明るいが、来季の巻き返しにつながる戦いを
【J1採点&寸評】湘南×横浜|湘南が終盤の猛プッシュで追い付く。中村俊輔を抑え、渾身のFKをねじ込んだ永木亮太を評価
【第2ステージ・ラスト5のシナリオ】横浜編|望み薄だとしても、「勝点15」を上積みして天命を待つ
2015 J1 2ndステージ日程【13節~17節】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ