【J1展望】2ndステージ・13節|柏 – 名古屋|楢﨑の通算600試合出場が懸かるメモリアルゲーム。ホームの柏は攻撃の停滞ムードを払拭できるか?

カテゴリ:Jリーグ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2015年10月02日

柏――ゴールを奪う意識を強く持って攻撃へ。

故障者/柏=なし 名古屋=永井、ダニルソン、ノヴァコヴィッチ、小屋松、青木、L・ドミンゲス、グスタボ
出場停止/柏=なし 出場停止/名古屋=磯村

画像を見る

J1リーグ 2ndステージ・13
柏レイソル – 名古屋グランパス
10月3日(土)/19:00/日立柏サッカー場
 
柏レイソル
2ndステージ成績(12節終了時):7位 勝点20 6勝2分4敗 15得点・12失点
年間成績(29試合終了時):10位 勝点38 10勝8分11敗 37得点・37失点
 
【最新チーム事情】
●3月から戦列を離れていた増嶋が全体合流を果たす。
●大津が水曜日の紅白戦で2ゴールの活躍を見せるなど好調をアピール。
●キム・チャンスがワールドカップ予選クウェート戦に臨む韓国代表に招集。
 
【担当記者の視点】
 前節のG大阪戦の敗戦により、残り5試合で首位の広島とは勝点差8と、第2ステージ優勝の可能性が極めて低くなってしまった。
 
 直近の4試合で2敗2分。夏場に見せていた勢いに陰りが見られる原因は、第1ステージの勝てなかった時期にも頻繁に見られていた「ボールを回すだけでゴールを奪う迫力に欠ける」という悪癖が、ここにきて再び顔を覗かせているからだ。
 
 シュートを打てる場面で打たず、サイドの高い位置を取ってもクロスを入れない。そこでボールを戻し、攻撃の再構築を図る局面でパス交換にミスが生じてカウンターを浴びるという悪循環……。状況を打破するには、もっとゴールを奪う迫力を持って攻撃を仕掛ける必要がある。それは今節に限ったことではなく、柏が改善しなければならない大きな課題だ。
【関連記事】
【J1採点&寸評】G大阪×柏|阿部が2ゴール、得点王を争う宇佐美も1ゴール。G大阪が難敵から11年8月以来の勝利
【J1採点・寸評】名古屋×神戸|FW起用の闘莉王が勝利の立役者に。名古屋がリーグ戦5試合ぶりの白星を飾る
【第2ステージ・ラスト5のシナリオ】柏編|逆転優勝へ崖っぷち! 5戦全勝以外に道はない
【第2ステージ・ラスト5のシナリオ】名古屋編|闘莉王のFW起用を起爆剤に“奇跡”を起こせるか
【柏】背番号を受け継いだ“ライバル”を超えたい――価値ある追加点を生んだ輪湖直樹の秘めたる決意
2015 J1 2ndステージ日程【13節~17節】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ