【アナリスト戦術記】なぜマンCは守備を固められても得点を奪えるのか。Jクラブも真似できないはずがないプレミア王者の攻撃

カテゴリ:連載・コラム

杉崎健

2022年09月02日

攻守でシステムを可変するマンCの戦術

今季も盤石の強さを見せるシティ。新戦力ハーランド(右)はここまで9得点(5節終了時)と期待に応えるパフォーマンスを披露。(C)Getty Images

画像を見る

 サッカーの奥深き世界を堪能するうえで、「戦術」は重要なカギとなりえる。確かな分析眼を持つプロアナリスト・杉崎健氏の戦術記。第5回目は、プレミアリーグ王者のマンチェスター・シティを取り上げる(編集部・注/分析試合は4節まで)。

――◆――◆――

 Jリーグは全試合の3分の2を終え、終盤戦に突入している。優勝争いや残留争いをするチームが固まってきたなかで、監督交代や選手補強もあり、これまでと違う戦いを見せるチームも出てきた。残り2か月、順位の変動を含めて注目していきたい。

 この終盤戦の時期に、新たな戦術を落とし込むのは容易ではない。トレーニング時間は限られ、ミーティングのみでは浸透しないからだ。国内チームにおいて、年内に目新しい戦術がお披露目されることは少ないだろう。しかし、可能性はある。国外サッカーが開幕したことで、その「真似」をできるからだ。

 国外リーグは日本とは開幕時期が異なり、そのほとんどが8月にスタートした。日本のクラブに所属していると当然ながら海外のサッカーを満遍なく見るのは難しいので、断片的に把握するか、シーンごとにチェックすることになる。

 このコラムでそれを伝えるのも不可能なわけだが、せめて最高峰と言われるプレミアリーグ覇者の動向はお伝えしたいと思い、今回のテーマとした。マンチェスター・シティ(以下、シティ)である。

 普段から海外のサッカーを見ている方にとっては見慣れた話だと思うが、見ていない人やクラブに所属していて何か新しい刺激を入れたいと思っている指導者向けに発信できれば幸いだ。

 Jリーグでも攻撃と守備でシステムを変える可変を用いるチームは格段に増えた。シティも例外ではない。
 
 基本システムは1-4-3-3。アンカーは4試合すべてでロドリが起用されており、2人のインサイドハーフ、そして3トップだ。ただ、1-4-3-3という表記は、誤りとも言える。攻守で可変するわけだが、この並びでいることのほうが少ないからだ。

 守備時はインサイドハーフの一角が前に出て1-4-4-2の形となり、出ないインサイドハーフが下りてダブルボランチとなる。一方で攻撃時は、両SBが中に入ってきたり、インサイドハーフが下りたり開いたりするため、1-2-3-5のようなシステムになる。

 さらに言えば、この攻守の並びもまた可変する。相手がいるからだ。相手が中に人数をかけて守ってきた今季開幕戦のウェストハム戦では、左インサイドハーフのイルカイ・ギュンドアンが斜め後ろに下がってピックアップしたり、SBが必ず中に入るわけでもなく開いたり、試合中に変化が起こった。

 王者が相手なので、どの対戦相手もまずは守備から入ってきた。ウェストハムは途中で中盤の配置をクリスマスツリー型にしたり、ボーンマス(2節)は最終ラインに5枚並べ、ニューカッスル(3節)は中盤の5枚を並列させ、クリスタル・パレス(4節)も後ろの5枚を低く設定。しかしシティは、いずれの試合でも複数得点を奪い、第4節終了時点で3勝1分だった。

 なぜここまでされても得点が奪えるのか。攻撃面を深堀りしていく。
 
【関連記事】
「パス交換が早すぎる」ネイマール&エムバペらのゴールで快勝した、パリSGの連携にファン驚嘆「神々の遊びって感じ」
“日本を沈めた男”が久保建英の新相棒候補に!主砲退団のソシエダがナイジェリア代表の長身FWを獲得
「日本が他を圧倒している」海外サイトのW杯出場国ユニランキング、なんと森保ジャパンの新H&Aシャツが1位、2位を独占!
「Take復活!」「心配したよ」久保建英の練習復帰にファン歓喜!3日に“お得意”の強豪アトレティコとの大一番
「まじバケモン!」左足、右足、ヘッド!怪物ハーランドの2戦連続ハットにファン驚愕!「決定力高すぎてもはや怖い」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよJ開幕目前!
    2月9日発売
    2023シーズン
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想や見所など総点検!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ