シュツットガルト遠藤航が今季ブンデス初ゴール! 敵地ブレーメン戦で豪快なミドルを叩き込む

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年08月13日

前半早々に失点も、試合を振り出しに戻す一撃

貴重な同点ゴールを叩き込んだ遠藤。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間8月13日、ブンデスリーガ第2節が行なわれ、遠藤航と伊藤洋輝が所属するシュツットガルトは敵地でブレーメンと対戦した。

 遠藤が中盤の底、伊藤は3バックの左で先発した試合は、4分にフュルクルクにゴールで先制を許し、いきなり追いかける展開となる。
【画像】遠藤航の今季初ゴール! 強烈ミドルを叩き込んで吠えるキャプテンの姿をチェック
 迎えた38分に、同点弾を決めたのが遠藤だ。攻守が目まぐるしく入れ替わる展開のなか、カウンターから攻め上がり、カライジッチからのパスをエリア中央で収めると、右足を一閃。豪快なミドルシュートでネットを揺らしてみせた。

 日本代表MFの一撃で、シュツットガルトは1-1で折り返し、77分にも追加点を挙げた。しかし後半アディショナルタイムに失点し、2-2でドロー決着と白星を逃している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【PHOTO】2022年夏の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!

【PHOTO】2022年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち
【関連記事】
「正直に言うと…」堂安律がフライブルクを選択し、ブンデスに舞い戻った理由とは? 米メディアのアジア通記者に明かす
「鎌田大地とゲッツェ、どちらを攻撃の柱にするのか?」質問を受けたフランクフルト指揮官の答は――
「理由が切ない」吉田麻也の“長崎原爆の日”投稿にドイツ・メディアが反応「明確なメッセージを送った」
「ミナミノには失望した」CL予選敗退のモナコ、先発した南野拓実に辛辣批判「日本語だと幽霊か?」
【セルジオ越後】欧州新シーズンは南野や三笘ら“攻撃的な選手”に注目。強豪国の代表選手に通用しないとW杯でも勝てないよ

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    2022年秋最大の衝撃!!
    ハーランド&
    レバンドフスキ
    完全攻略本
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ