「鎌田大地とゲッツェ、どちらを攻撃の柱にするのか?」質問を受けたフランクフルト指揮官の答は――

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年08月13日

「どちらか片方というよりは…」

ゲッツェ(左)と鎌田がブンデスで揃って先発するかに注目だ。 (C)Getty Images

画像を見る

 ブンデスリーガのフランクフルトに所属する鎌田大地が、今シーズン初のリーグ戦先発を飾る可能性が高いようだ。現地8月13日に行なわれる第2節ヘルタ・ベルリン戦の前日会見に臨んだオリバー・グラスナー監督が明かした。

 現地紙『BILD』によれば、その会見ではユベントスへの移籍が決まったフィリップ・コスティッチの穴埋めに関する質問が殺到。指揮官は、攻守両面での貢献が大きかった選手が離脱したことで、「チームをリフレッシュさせる必要がある」とフォーメーション変更も考慮していることを明かした。

 そのなかで特に注目されているのが、鎌田大地と元ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェの存在だ。ブンデス開幕節のバイエルン戦(●1-6)ではゲッツェが先発し、鎌田は出番なし。12日に行なわれた欧州スーパーカップのレアル・マドリー戦(●0-2)では鎌田が先発し、ゲッツェは途中出場した。
【動画】今シーズン初の公式戦、DFBポカール1回戦で2ゴール! 鎌田の躍動をチェック
 グラスナー監督は記者から「(鎌田とゲッツェの)どちらを攻撃の柱にするのか?」と質問されると、このように回答した。

「スーパーカップでようやく昨シーズンからのことはひと段落した。コスティッチもいなくなり、ヘルタ戦後は私たちはシステム変更などを真剣に考えなければならない。新戦力がどのようにフィットするかも確かめないといけない。とにかく、次の試合は勝利を得るためにやるべきことをする。カマダとゲッツェは再び一緒にプレーする可能性は大いにある」

 加えて同紙は「鎌田はまだ契約延長の話がまとまっていないのもネックだ。彼とエバン・エヌディカは話し合いが進んでおらず、今後は状況が悪化する可能性もある」としている。

 果たして、ブンデス初勝利を目指すフランクフルトの布陣はどうなるのか。まずはヘルタ・ベルリン戦の選手起用が注目される。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】鎌田大地のテクニックが炸裂! 何気にホームユニ姿を初披露したキックターゲットをチェック

【PHOTO】2022年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち

【PHOTO】2022年夏の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!
【関連記事】
「カマダ以上に輝いた選手はいない、MVPだ」マドリー戦の鎌田大地に称賛相次ぐ!「モドリッチ以上の出来だった」
「理由が切ない」吉田麻也の“長崎原爆の日”投稿にドイツ・メディアが反応「明確なメッセージを送った」
「大したサッカーをしていなかった」城彰二がハリルジャパンをばっさり! W杯直前の解任にも苦言「甘いんだって。ちゃんと責任を取らないと」
「お似合いすぎる!」「可愛い~」槙野智章、女優妻との仲睦まじい“お揃いコーデショット”に反響!
「本田は濡れないと(笑)」内田篤人が本田圭佑を絶妙にイジる!大久保嘉人とともに似顔絵で笑いも

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022 Jリーグ総決算!
    11月26日発売
    2022 J.LEAGUE
    総集編
    J全58クラブの
    1年間の激闘を収録!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    11月5日発売
    稀代のファンタジスタ
    中村俊輔
    引退特集号
    特大ポスター付き
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 森保ジャパン、躍動!
    12月8日発売
    日本代表・激闘録
    切り開いた“新時代”
    恒例のJ移籍特集に
    欧州組カレンダーも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月1日発売
    カタールW杯出場組が主役に!
    冬の移籍市場
    徹底リサーチ2023
    恒例卓上カレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.37
    12月6日発売
    冬の決定版!
    高校サッカー
    選手権名鑑
    出場全48校&選手を徹底網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ