「わずかに目立っていたのはクボだけ」徹底マークに遭った久保建英、地元メディアは数少ない収穫と評価!「上手くプレーしていた」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年08月06日

「子供が大人と対戦しているように見えることもあった」

厳しいマークを受けながらも、時折らしいプレーを見せた久保。写真:Ricardo Larreina/アフロ

画像を見る

 現地時間8月5日、久保建英が所属するレアル・ソシエダが宿敵アスレティック・ビルバオとプレシーズンマッチで対戦。22分にセットプレーから奪われた1点で、0-1と敗れた。

 開幕前最後の対外戦となったこのダービーで、久保はスタメン出場。4-3-3の右ウイングでプレーした。

 厳しいマークに遭った日本代表MFは、それでも得意のドリブルで何度かチャンスを作りかけた。「アピールできた」と言えるほどではなかったものの、地元メディア『Noticias de Gipuzkoa』は、「ソシエダの中では目立っていた」と評価している。

【動画】得意の仕掛けで打開を図る久保&現地メディアも注目したGKに猛然とプレスを掛けたシーン

 同メディアはまず、劣勢を強いられたソシエダを、「このダービーでは、顕著なフィジカル的劣等感を感じる傾向にあり、昨日は子供が大人と対戦しているように見えることもあった」とバッサリ。そのうえで、「わずかに目立っていたのはクボだけで、上手くプレーしていた」と続けている。

 また、クボが前線から猛然とプレッシャーを掛けて、敵GKアンドレ・イウからボールを奪いそうになったシーンにも注目。「クボは敵のペナルティエリアに進入し、まだ緊張感が解けていないイルからボールを取りかけた」と伝えている。

 同メディアは、いい所がなかったソシエダの中で、久保のプレーは数少ない収穫だと見ているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】ファン興奮! 久保建英と勝負をし、笑顔を見せるダビド・シルバ

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

【関連記事】
「理解できない」久保建英が苦悶した元スペイン代表の激しいタックルを現地メディアが糾弾! 被ファウル数の多さに「クボはサンドバッグになった」
「ミナミノは?」モナコ南野拓実、リーグ開幕戦の遠征メンバーから外れ現地騒然!欠場の理由は…
衝撃的惨敗のフランクフルト、4日前に2ゴールの鎌田大地はなぜ起用されなかったのか。「トップフォームだったが…」
「俺、好きなんだよね」内田篤人がポルトガル移籍の日本人FWに注目!「鹿島の時、獲ろうよって何回も言っていた」
久保建英のエイバル戦“ベンチ外”が意味するもの。開幕スタメンの可能性は?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ