13年ぶり日本一のC大阪U-18。6年前と同じ“マリノス”との決勝に金本、末谷、和田が抱く特別な想い「また一緒にできるとは…」

カテゴリ:高校・ユース・その他

松尾祐希

2022年08月04日

C大阪が逆転で決勝を制す!

C大阪U-18が決勝で横浜ユースを下し、13年ぶり3度目の日本一に輝いた。写真:松尾祐希

画像を見る

 夏の日本一を決める日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会は、セレッソ大阪U-18の優勝で幕を閉じた。

 扇原貴宏、永井龍らを擁していた2009年度以来となる3度目の優勝。今大会はグループステージを2位で突破し、ノックアウトステージではベスト16でFC東京U-18を撃破。4-4の撃ち合いの末、最後はPK戦をモノにした。

 準々決勝では東京Vユースを2-1で下し、準決勝ではグループステージで0-4と苦渋をなめさせられた横浜FCユースにリベンジを果たす。1-0で勝利し、13年ぶりの優勝に王手を掛けた。

 そして、迎えた8月3日の決勝では、横浜ユースに前半のうちに先制されながらも、勝負強さを発揮。最終盤にCKからキャプテンのCB川合陽(3年)のゴールで追い付くと、延長前半終了間際に川合がふたたびネットを揺らす。逆転に成功すると、延長後半の終盤にはMF中山聡人(1年)が加点して勝負を決定づけた。
 
「戦う技術がついた。単に走るだけではなく、ここでやられたらいけないところを押さえられるようになった」とチームの成長に目を細めた島岡健太監督。一戦ごとにまとまり、一体感のある戦いで真夏のトーナメントを勝ち上がった。そのチームにおいて、今回の優勝に特別な想いを抱く選手たちがいる。それがFW金本毅騎(3年)、FW末谷誓梧(3年)、DF和田健士朗(3年)だ。

 約6年前、当時小学校6年生だったこの3人はセンアーノ神戸の一員として、最高の時間を過ごしていた。夏に開催されたバーモントカップ第26回全日本少年フットサル大会で優勝を果たすと、同年冬には第40回全日本少年サッカー大会でも決勝に進出。そして、最後の大一番では横浜プライマリーに2-1で勝利。当時キャプテンを務めていた和田のゴールなどで下し、悲願の初優勝を達成した。

 あれから6年。再び同じチームになった3人は、またしても日本一を懸けて全国舞台の決勝に臨んだ。奇しくも対戦相手は“全少”の決勝と同じく“マリノス”。MF松村晃助(3年)、MF島田春人(3年)、DF池田春汰(2年)といった6年前の試合にも出場していた選手たちとマッチアップしながら、なんとか勝利を手繰り寄せた。
 
【関連記事】
「全然眠れなかった」宮市亮が公開した、手術前後の“ありのままの姿”が反響!「毎日を無駄にすることなく頑張ります」
【総体】準決勝で散った“タレント軍団”昌平。前日の大怪我で松葉杖姿の主将は号泣「あの時、あんな怪我をしなければ…」
【総体】まさかの初戦敗退を喫した王者・青森山田。約7か月ぶりに復帰した主将が語った“本音”。「実力不足」「全然ダメ」
Jの舞台に話題沸騰の“きつねダンス”が登場! ファイターズガールとセレッソガールが共演!
「残念、本当にがっかりした」元Jリーガーの韓国代表DFが日韓戦惨敗に見解「認める部分は認めなければ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    2022年秋最大の衝撃!!
    ハーランド&
    レバンドフスキ
    完全攻略本
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ