痛恨ドローの中国戦にも希望の光。伊東&三笘以外の選択肢として急浮上した2人のアタッカーへの期待感

カテゴリ:日本代表

元川悦子

2022年07月26日

伊東の動きを動画で徹底的にチェック

中国戦で代表初スタメンを飾った宮市。縦の推進力を存分に発揮するなど存在感を放った。写真:金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

[E-1選手権・第2戦]日本0-0中国/7月25日/豊田スタジアム

 2003年にスタートしたE-1選手権。過去の優勝回数は韓国5回、中国2回に対し、日本は2013年のわずか1回。2017年以来のホーム開催となる今大会は、タイトル獲得が義務付けられている。

 7月24日の豊田スタジアムでの第1試合で韓国が香港を3-0で下して連勝したのだから、日本も同日の中国戦に勝って、27日の韓国との最終決戦を迎えたかった。だが、結果は0-0の引き分けに終わった。

 メンバー構成は予想通り、広島勢5人を軸にした構成。だが、4-2-3-1の左サイドにシャドータイプの森島司(広島)を配置したことや、1トップの細谷真大(柏)が孤立したことなどが災いし、連動性を失ってしまう。

 広島勢の連係を有効活用するなら、3-4-2-1にして森島と脇坂泰斗(川崎)をシャドーに並べるか、4-3-3にして野津田岳人(広島)と森島に脇坂か橋本拳人(ウエスカ)を絡める中盤にしたほうがベターだったのではないか。

「起用に関しては『ここをこうしておけば』ということは全く思っていない」と森保一監督は強調していたが、U-23世代中心の若い中国に5-4-1システムを敷かれ、守り倒されたのは、不完全燃焼感が色濃く残る。スコアレスドローという結果も含め、采配の再検証はしなければならないはずだ。

 ただ、悔しい試合の中でも希望が皆無というわけではなかった。最たるものが、前半から積極果敢な仕掛けを見せた右サイドの宮市亮(横浜)と、ラスト9分間出場し、グイグイとドリブルで勝負した相馬勇紀(名古屋)の両アタッカーだ。現日本代表の絶対的主軸である伊東純也(ヘンク)と三笘薫(ブライトン)をサポートする存在として、カタール行きのチャンスが広がったと見ることもできそうだ。

 まず宮市だが、「監督から右サイドでスピードを生かしてほしいと言われていた」という指示の通り、ボールを持ったら迷わず縦の推進力を発揮していた。

 開始8分には横浜の同僚・小池龍太とのワンツーからクロスを上げ、19分にも敵陣深い位置まで切れ込んでマイナスのボールを入れる。後者では細谷真大(柏)にうまく合ったが、パリ五輪世代のエースのヘッドは惜しくも枠の外。43分にも似たようなえぐりから橋本のシュートに至ったが、どうしてもゴールを捉えられない。そこは宮市にとっても悔しい部分だったに違いない。

「クロスの質を欠いたり、合わなかった部分もありましたし、最後ちょっと決めきれなかった。そこに尽きると思います」と本人も悔恨の念を口にした。
 
 それでも、彼自身は代表生き残りを図るべく、同じポジションの伊東の動きを動画で徹底的にチェック。イメージを膨らませて試合に挑むという努力も払ったという。

「伊東選手との決定的な違いは、常にどの試合も結果を出しているところ。本当に悔しいですけど、切り替えて韓国戦でやっていくしかない」と危機感を吐露したように、ゴールやアシストという目に見える結果が出なかったことは、アピールとしてはやや弱いと言わざるを得ない。

 とはいえ、この先、伊東に何らかのアクシデントがないとも限らない。その場合は堂安律(フライブルク)や久保建英(レアル・ソシエダ)よりも、宮市のほうが森保ジャパンのベースを崩さずに行けるというメリットがある。

 2012年5月のアゼルバイジャン戦で初キャップを刻んだ当時も、一緒にプレーしている酒井宏樹(浦和)や長友佑都(FC東京)もまだ代表にいて、溶け込みやすいのもプラスだし、彼には10年間の欧州経験がある。世界基準の強度やスピード感を身体で理解しているのも心強い。森保監督も彼のアドバンテージを再認識したはず。中国戦を経て、宮市は生き残りへ大きな一歩を踏み出したと見てよさそうだ。
 
【関連記事】
「ガチで上手い」「うっま!」久保建英のボール奪取→足裏を使った反転キープ→絶妙パスに称賛!
「奥さん細い」守田英正がモデル妻・藤阪れいなさん&愛娘との“新本拠地”3ショットを公開!「ひゃぁ、かわいい~!」
「ジダンみたいや!」なでしこ長谷川唯が魅せた“超絶マルセイユターン”からの一撃にファン喝采!「綺麗にハマったな」
まさかの観客5000人割れ…日本代表の魅力はなくなったのか? 大盛況のパリSG試合会場で聞いた生の声「レベルが違う」「見たい選手がいない」
「異次元だよ」久保建英、4人に囲まれても余裕のキープ→浮き球パスが反響!「凄すぎる」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ