「来るのは運命だった」ディバラはなぜローマに移籍したのか。10番を断った理由については…

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年07月21日

「小さいころから歴史的な映画をたくさん見てきた」

ローマ移籍が決定したディバラ。(C)Getty Images

画像を見る

 ユベントスが契約を更新しないと発表した際、パウロ・ディバラが新シーズンをローマのユニフォームで戦うと予想した人は少ない。だがディバラは、ローマに来るのは「運命」だったと話している。

 ローマは7月20日、ディバラと2025年までの3年契約を結んだことを発表した。イタリア衛星放送『Sky Sport』によると、ディバラはクラブ公式チャンネルのインタビューで、「小さいころから歴史的な映画をたくさん見てきたんだ」と述べた。

「そしてローマのことはずっと好きだったんだよ。僕がここにプレーしに来るのは運命だったのさ」

 背番号は21に決定。ローマ元主将フランチェスコ・トッティが纏った10番を受け継ぐことを選ばなかったディバラは、「チアゴ・ピント(GM)からは10番を勧められた。話し合ったけど、ローマでこの番号がどれほど大切かを知っている」と話した。

「彼がやってきたことのすべてから、あのユニホームはまだトッティのものであるべきだ。いつか僕が纏うことができるかもしれない。今は21番を選んだ。あの番号で僕は勝ち始めたし、これからも勝ち続けたいからだ」

【画像】ローマのユニホームを着用したディバラ。注目の背番号は?
 
 そのトッティからもこの夏ローマに勧誘されていたディバラだが、ジョゼ・モウリーニョ監督からのラブコールも決断に大きく影響したと明かしている。

 ディバラは「最も偉大な監督のひとりと仕事をすることになる」と意気込んだ。

「彼のことも、チームメイトのことも、すごく知りたいと望んでいる。この経験を始めるのが本当に待ち遠しいよ。モウリーニョ監督やピントGMからの連絡で確信できた。オーナーとの話し合いもそうだ。監督はとても明確だった。アイデアを話してくれた。ここに来た大きな理由のひとつだよ」

「彼のことはみんなが知っている。かなり話し合ったんだけど、彼からの連絡には感動した。監督とクラブに感謝したい。僕をローマに連れてくるために全力を尽くしてくれた。歓迎してくれたサポーターにも感謝している。これほどの熱狂ぶりは欧州でもなかなか見ない。南米のようだ」

 7年を過ごしたユベントスを去り、永遠の都でリスタートするディバラは、新シーズンにカリスマ監督の下でどのような活躍を見せてくれるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】2022年夏の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!

【PHOTO】「美人すぎる」「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち
【関連記事】
「かっこえええぇぇ!」久保建英がソシエダのユニホーム姿を披露! 注目の背番号は?「すごく似合ってる!」
「圧倒的な存在感」中田英寿とエムバペの豪華2ショットにファン驚嘆!「オーラが凄い」
「難しいし、つらかった」パリSGのスペイン代表DFが明かした、川崎戦で“苦労した点”は?
「よくぞ言ってくれた!」川淵三郎氏の中国サッカーへの発言が現地で大反響!「日本人から指摘されて恥ずかしくないのか」
衝撃の観客5000人割れ…現地で聞いたリアルな声「W杯イヤーなのに」「コロナ禍で代表人気も落ちちゃったのかな」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ