フワッと浮いて、静かに着地。規格外の“しなやかな”日体柏のオウイエ・ウィリアム、FW歴は約半年も世代屈指のストライカーに絶賛成長中

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2022年06月28日

まるでハイブリッドカーのようなプレーが魅力

SB→CB→ボランチ、そしてFWにコンバートされたオウイエ。「FWになったときは『ついにきたか』と思いました」。写真:安藤隆人

画像を見る

 FWを始めてからわずか半年で、世代屈指のストライカーになろうとしている。

 ナイジェリア人の父と日本人の母を持つ日体柏のFWオウイエ・ウィリアムは、190センチのサイズに加えて、しなやかな身のこなしと正確かつ強烈な左足を武器に、最前線で一際存在感を放つストライカーだ。

 準優勝に終わったインターハイ千葉県予選で、オウイエは大きく成長した姿を見せた。準決勝の流通経済大柏戦では、前線でターゲットとなり相手の強烈なプレスを受けながらもボールをしっかりと収めて、周りのアタッカー陣に良質なボールを供給。自身もスプリントでゴール前のスペースに潜り込むなど攻撃の引き出しの多さを披露した。

 2-0のリードで迎えた71分には、カウンターからゴール前左で味方のパスを正確にトラップし、フィニッシュポイントに置いて、素早くシュート。逆サイドのネットに突き刺す鮮やかなゴールで、チームの勝利を決定づける3点目を奪った。

 市立船橋との決勝でも高さとしなやかさ、そしてパスの精度を駆使して前線で起点となった。1−1で迎えた46分には左CKからニアサイドで高い打点のヘッドを鮮やかに突き刺して、逆転ゴールをもたらした。
 
 チームはその後追いつかれ、延長戦の末に2-3で敗れたが、プレミアリーグに所属する『2強』から立て続けに奪ったゴールは、オウイエの能力の高さを示す証拠となった。

「ボールを収めることを特長としてやっています」

 こう語るオウイエのプレーを見ていると、ジャンプの質、着地の柔らかさ、次のプレーへのスムーズな移行に目が行く。大型FWにありがちな「硬さ」がないのだ。力強く飛んで、ドスンと着地するのではなく、フワッと浮いて、静かに着地する。そして着地した瞬間に身体が動き出しているから相手DFは反応しきれない。軽やかで滑らか。まるでハイブリッドカーのようなプレーが大きな魅力だ。

 中学時代は川崎フロンターレU-15でプレー。長身で左利きというのもあり、左SBでプレーしていたが、中3の時に怪我がちになり、思うように試合に出られなかった。結果、U-18に昇格できなかった。
 
【関連記事】
【総体予選】天国の小嶺先生に届け! 長崎総科大附と国見が県決勝で激突、前者が大一番を制して全国へ
エスパ鈴木唯人を彷彿させる市船の2年生エース郡司璃来。インターハイは全国に向けた決意表明の場に
「品格を表わしている」古巣・松本訪問の前田大然を英メディアが称賛!「ルーツを忘れていない」
なぜソシエダは久保建英の完全移籍にこだわるのか。移籍金を払ってでも避けたいウーデゴーの“二の舞”「懲らしめられた」
人口3200万人の巨大都市からプロクラブが“消えた”中国。鹿島との違いに中メディアが嘆き!「なぜ小さな町に強豪クラブがあるのか…」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    2022年秋最大の衝撃!!
    ハーランド&
    レバンドフスキ
    完全攻略本
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ