「本当にヨーロッパはビジネス」松井大輔が海外の移籍事情を徹底解説!「監督に遠慮なく『自分を使いますか?』と聞く」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年06月27日

「携帯電話に面識のない仲介人からめちゃくちゃかかってきた」

松井が自身のYoutubeチャンネルで海外の移籍事情について語った。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 Y.S.C.C.横浜所属の元日本代表MF松井大輔が6月26日、自身のYouTubeチャンネルで最新コンテンツを公開。海外の移籍事情について実体験を交えて解説した。

 松井はまず、選手が移籍のオファーを受ける際「本来なら、仲介人に連絡があってから自分に来る。仲介人がいない場合はチームに連絡が来る」と原則を提示。ただ、自身の場合は「めちゃくちゃ電話が鳴っていた。携帯に、面識のないイタリア人とか」「仲介人は名前を言わない。『オファーがあるよ』とだけ」という体験談を披露する。

「その仲介人と契約してほしいから。『まず仲介人の俺を使って移籍してくれ』と。『動かさないと、俺は金をもらえないから』って」

 また、ビッグクラブは選手を高く“売る”ことを目的に、たくさんの選手を獲得するという戦略を紹介。獲得した選手を関係のあるチームに移籍させるが、後になっても自チームに戻すわけではないという。
 
「そのチームに売るか、違うチームに高値で売れたらいいなって、多分思っている」「本当にヨーロッパはビジネスだから」として、選手が「帰ってくる確率ってすごく低いと思う」と推測。理由として、ビッグクラブは資金が豊富にあるため、一番欲しい選手は金を出して獲得するからだと話す。

 移籍のポイントとしては、「監督が欲しいって言っているクラブが一番良い。試合に出られる確率が高くなる。それと年俸と環境」と自身の考えを述べる。

 さらに、移籍先選びの際に「監督と話す時に何も遠慮はない」とのこと。「日本人なら回りくどく言ったりするかもしれないけど、ヨーロッパの監督と話す時は、自分を使いますか?使いませんか?と聞く。向こうははっきり言ってくる。『全然使うよ。ここで考えている』って。使わないってパターンもある。その時は、すぐ別の移籍先を探す」と、リアルな交渉現場の様子を明かした。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【関連動画】松井大輔が海外の移籍事情を解説!「本当にヨーロッパはビジネス」「監督に遠慮なく『自分を使いますか?』と聞く」

【PHOTO】2022年夏の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!
【関連記事】
「めちゃくちゃ上手かった」松井大輔が日本人最強ドリブラー3人を選出! “スペインの成功者”と激賞したのは?
「とんでもない選手になる可能性がある」松井大輔がW杯で期待する森保Jの3人は?「活躍しないと日本の勝利が見えてこない」と評価したのは…
「すっごいデカかった」内田、松井、大久保の3人が衝撃を受けた、“想像以上にゴツい”世界的名手とは?「びくともせん」
「落胆というより残念」松井大輔が“0-3完敗”チュニジア戦を振り返る「国民全員でどうすればいいか」論争を提案
「選手って現実をすごく見ている」城彰二がビッグクラブに行きたくなかったワケ。鎌田大地は「アーセナルが面白い」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ