マドリー番記者が語る「デ・ヘア獲得失敗の余波」と「ベイルの“ロナウド化計画”」

カテゴリ:メガクラブ

パブロ・ポロ

2015年09月04日

デ・ヘアを逃す大失態。今夏の移籍市場は失敗だった。

アグエロやポグバを獲れなかったマドリーは、手中に収めたはずのデ・ヘアも土壇場で逃す大失態。今夏の移籍市場は失敗だったと、ポロ記者も手厳しい。 (C) Getty Images

画像を見る

 レアル・マドリーの今夏の補強に対する評価は、たった1日で変わってしまった。
 
「デ・ヘア事件」が起きたからだ。
 
 ペーパーワークのミスという信じられない理由で、ダビド・デ・ヘアの獲得は幻に終わってしまった。マドリーはマンチェスター・ユナイテッドとともに、世界中で笑い者にされている。
 
 移籍期限最終日の8月31日にこの失態を犯すまで、私は今夏のマドリーの補強をある程度評価していた。ポルトから獲得した右SBダニーロ、同じくポルトからレンタルバックのMFカゼミーロ、そしてインテルから獲得したMFマテオ・コバチッチは、いずれも戦力的に大きなプラスとなると考えたからだ。
 
 しかしデ・ヘアの一件ですべてが変わった。今夏のマドリーの移籍市場は失敗に終わったと言っていい。
 
 ホーム開幕戦となった2節のベティス戦(5-0)で、守護神のケイラー・ナバスはベルナベウのスタンドから大声援を受けていたが、これからはそういうわけにもいかないだろう。ミスをしようものなら、こんな声が飛び交うはずだ。
 
「だからデ・ヘアを獲るべきだったんだ」
 
 さらに批判の矛先は、過去に例のないミスを犯したクラブ上層部へと向けられる。イケル・カシージャスの後継者として、誰よりもデ・ヘアの獲得を望んだフロレンティーノ・ペレス会長が、その矢面に立たされるだろう。
 
 今夏のマドリーは、いわゆる大型補強をしなかった。補強費の総額は、デ・ヘアが獲れなかったこともあるが、1億ユーロ(約140億円)に届かなかった。これは1億4000万ユーロ(約196億円)近くを投じたアトレティコ・マドリーも下回る額だ。
 
 セルヒオ・アグエロとポール・ポグバの獲得にはチャレンジした。だが、それぞれマンチェスター・シティとユベントスの首を縦に振らすことができなかった。
 
 そこでマドリーは、強化方針を切り替えた。ビッグネームを加える大型補強ではなく、現有戦力を底上げする方向に、だ。
【関連記事】
レアル・マドリー移籍破談のデ・ヘア これからどうなる!?
デ・ヘアのマドリー移籍がまさかの破談! 時間内に書類が届かず…
安定感抜群の守備といまだ機能しない攻撃【マドリー番記者】のシーズン展望
レアル・マドリー コバチッチに電撃アプローチの舞台裏
C・ロナウドが意味深発言 リーガ開幕戦を“誌的”に振り返る?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ