【セルジオ越後】天皇杯でJ1勢が軒並み敗退。“定番”になっている感もあるが、恥ずべきことだ。ACLを侮辱しているのかな?

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年06月23日

“ジャイキリ”なんて盛り上がっている場合じゃないよ

J1王者の川崎はJ2の東京Vに0-1で敗戦。普通に考えれば不名誉なことだし、監督の更迭という流れになっても不思議ではない。写真:塚本凛平(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 天皇杯の3回戦では、いくつかのJ1クラブがJ2クラブに敗れたね。

 川崎は東京Vに、浦和は群馬にそれぞれ0-1。横浜は栃木に0-2、札幌は甲府に1-2の逆転負け、FC東京は長崎に延長戦の末に2-3で競り負けた。

 ある意味、意外とも呼べる結果は、毎年のこと。“定番”になっている感もあるけど、今回の3回戦では敗退するJ1クラブが多かったね。

 週末のJリーグを見据えてなのか、ターンオーバーでフルメンバーではないチームも見られた。それでも、ここまでJ1勢が負けるのは看過できないし、ワールドカップに出る国として、恥ずかしい話でもあるよ。

 トップリーグにいるチームが、下のカテゴリーのチームに負ければ、もっと話題になっていいはず。普通に考えれば、不名誉なことだし、問題視される事態で、監督の更迭という流れになっても不思議ではない。

 でも、そういう雰囲気はほとんどないよね。力関係で下のチームに不覚をとっても、通常モードで物事が進んでいる。メディアは声を上げて追及するわけでもない。

 それが何を意味しているのか。長い伝統を誇る天皇杯というコンペティションを、そこまで重視していないということじゃないかな。優勝候補のチームがベスト16を前に敗れても、周囲は騒ぎ立てようともしないんだから。
 
 由緒ある大会なのに、寂しいものだね。天皇杯のステータスが年々、下がっているような印象も受ける。J1勢は真剣に戦っているのか。協会は文句のひとつでも言っていいような気もするけどね。

 各チームの“本気度”が疑わしい大会で優勝すると、ACLの出場権が得られる。これもおかしな話だ。死に物狂いで戦い抜いたチームが、アジアへの切符を掴むならまだ分かるけど、現在の天皇杯にそうした側面があるとは到底思えない。ACLという大会を侮辱していないか?

“ジャイアントキリング”なんて、盛り上がっている場合じゃないよ。そもそも、このフレーズは今の天皇杯にはふさわしくない。J2勢に力なく負けるJ1勢が“ジャイアント”なんて言えないからね。

【天皇杯3回戦PHOTO】川崎0-1東京V|ヴェルディがジャイキリ!佐藤凌我の決勝弾で川崎を下し、ラウンド16へ進出
 
【関連記事】
東京Vに下剋上を許し天皇杯も早期敗退。リーグ王者・川崎が苦戦する背景
「クロップの評価は的外れ」南野拓実のモナコ移籍に英紙見解「リバプールが放出を悔やむ可能性はある」
久保建英に“ゾッコン”の強豪が新天地に浮上!地元紙が報じたマドリーの「レンタル先条件」にも合致「素晴らしい選手になると確信」
「お手頃価格でよく獲得できた」南野拓実の争奪戦勝利にモナコのファンは歓喜!「よくやった、プレゼントだ」
「我々は裏切りを忘れていない」復帰報道のルカクにインテルのウルトラスが異例の声明!「王のように扱われたが今は…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ