【横浜】クラブユース選手権優勝のユース所属・和田昌士、遠藤渓太のトップ昇格が決定!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2015年09月02日

マンC留学で刺激を受けた和田とクラブユース選手権Vの原動力となった遠藤。

エースストライカーとして横浜ユースを牽引する和田。2020年の五輪世代でもある注目の存在だ。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

今季急成長を遂げた遠藤は、夏の日本クラブユース選手権優勝の立役者となった。この勢いを持ってプロの世界に挑みたい。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 横浜は9月2日、2016シーズンより横浜ユース所属の和田昌士と遠藤渓太の2名がトップチームへ昇格することを発表した。
 
 和田は今季、横浜ユースのエースFWとして君臨。U-16日本代表などの実績を持つほか、昨年9月にはクラブが提携するマンチェスター・シティへの短期留学で大きな刺激を受け、今季Jリーグ開幕前には宮崎キャンプでトップチームに合流し、練習試合で得点を奪うなどアピールを続けていた。
 
 一方の遠藤は、今夏の日本クラブユース選手権優勝の原動力となった。通算7ゴールで大会得点王を獲得するとともに、MVPにも輝く活躍を見せている。大会後には松橋監督も「この夏に爆発的な成長を遂げた」と語った有望株だ。
 
 クラブを通じて、ふたりは次のようなコメントを残している。
「小学1年生からお世話になっているF・マリノスでプロ選手になることができて嬉しく思います。ようやくスタートラインに立てたので、ここから自分の夢に向かって、日々感謝の気持ちを忘れずに頑張っていきます」(和田)
「長年の夢であったF・マリノスでプロになることができ大変嬉しく思います。少しでも早くチームに絡み、日産スタジアムのピッチに立ち、横浜の未来を背負える選手になりたいです」(遠藤)

【Jユース選抜vs高校選抜】和田昌士(横浜ユース)|無念の結果も前線で存在感

【日本クラブユース選手権】横浜ユースの遠藤渓太が得点王&MVP獲得! エース不在が新たな才能を覚醒させる
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ