久保は「入らない可能性も」城彰二がガーナ戦を踏まえ森保JのW杯メンバー当落を予想! “当確”の太鼓判を押したのは?

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年06月11日

三笘は後半投入が効果的

日本代表で城氏が最初に言及したのが堂安。カタール行きは「当確なのかな」と予想する。写真:金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 元日本代表FWの城彰二氏が6月10日、自身のYouTubeチャンネル『JOチャンネル』に最新コンテンツを投稿。同日に行なわれた日本代表対ガーナ代表を振り返った。試合は日本が久保建英や前田大然の代表初ゴールなど、4-1で勝利した。

 城氏はまず、ガーナ代表の出来の悪さを指摘。FWジョセフ・ペイントシル(ヘンク)やMFイドリス・ババ(マジョルカ)、DFジョセフ・エイドゥ(セルタ)ら主力が不在だったことから「1.5軍から2軍」とばっさり。身体の重さやボール扱いの雑さが気になったようだ。

 日本代表の選手で最初に言及したのが、堂安律。サイドで起点を作った点やパス回し、自分から仕掛け、味方を活かしていた部分を高く評価。カタール・ワールドカップ本番を見据え、メンバー選考では「コンディションも非常に良さそうなので、当確なのかな」とコメントした。
 
 また、三笘薫も「非常に良かった」と評価。ドリブルでの仕掛けの上手さ、DFを惑わせながらタイミング良く抜けられる点を称え、選考では「必ず入る」と断言した。ただ、フルタイム出場ではプレーに絡めていない時間が長いと見ており、効果的な起用法として、後半からの途中出場を勧めた。

  さらに、上田綺世は得点こそなかったものの、アピールに成功したと分析する。連動した守備とパスコースの限定に着目。ポストプレーに関しては、ジャンプしながら胸でボールをコントロールし、パスしたシーンに驚き、ヘディングシュートも高く評価していた。

 一方、久保については、コンディションの悪さと伸び悩みを理由に厳しい評価だった。身体のキレの無さと簡単なボールロストが目についたようで、待望の初ゴールに関しても「合わせるだけだった」とやや辛口だ。

 代表選考に関しては「ちょっとギリギリのラインなのかな」「このまま行くと入らない可能性も十分にある」と自身の見解を述べた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【関連動画】久保は「入らない可能性も」城彰二が森保ジャパンのW杯メンバー当落を予想!

【キリンカップPHOTO】日本4ー1ガーナ|久保&前田がA代表初ゴール!4発快勝でチュニジアの待つ決勝の舞台へ

【PHOTO】左サイドを完全に支配し1ゴール1アシスト!欠かせない存在となった三笘薫を特集!
【関連記事】
【日本4-1ガーナ|採点&寸評】三笘の圧巻の突破力は相変わらず。嬉しい初ゴールの久保、気合十分な堂安らもアピール
「臆病でラフな日本と勇敢な韓国」ブラジル人記者が明かした“日韓の違い”。「どちらが得るものが多かったかは明白だ」
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
【セルジオ越後】久保の初得点も騒ぐことじゃない。普通は代表に呼ばれないレベル。W杯のレギュラーまで道はまだ遠いよ
「ひどい!」日本に惨敗のガーナ、“バラバラ過ぎる”最終ラインを母国記者が証拠画像で糾弾!「オフサイドトラップのコーチを雇わなければ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    2022年秋最大の衝撃!!
    ハーランド&
    レバンドフスキ
    完全攻略本
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ