「日本人歌手による斬新な解釈だ」ブラジル国歌斉唱シーンが地元ファンに大反響!「カワイイ歌に聞こえた」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年06月07日

「我々の言語で歌おうとしてくれた彼女の努力に敬意を!」

試合前の黙とうでは肩を組んでいたブラジル代表。写真:サッカーダイジェスト/JMPA代表撮影

画像を見る

 日本代表は6月6日、国立競技場でFIFAランク1位のブラジル代表と対戦し、0-1で敗れた。地球の裏側にあるブラジルでは朝7時20分キックオフという早朝からの試合開催となったが、多くの地元ファンが見守った。

 そんななか、キックオフ前のセレモニーがファンの間で話題になっていたようだ。現地メディア『UOL』によれば、「日本の歌手がブラジル国歌を歌うことに非常に興味が沸いたようで、軽いインターネットミームになっている。母国語ではない言語での歌唱の緊張からか、声はやや震えているようにも聞こえ、ファンの間では試合前の“トピックス”となった」と伝えている。
【ゴール動画】決勝点はネイマール!冷静にPKを沈め“5戦連発9点目”
 地元メディアによってこの歌唱の様子がシェアされると、ネットでの反響はさらに拡大。「日本の歌手による、ブラジル国歌の斬新な解釈だ。一度聞く価値がある」「朝7時に聴くこの歌は強烈だ」「俺たちの国歌がカワイイ歌に聞こえた」「我々の言語で歌おうとしてくれた彼女の努力に敬意を!」「この動画だけで1日楽しく過ごせそうだ!」「これはtiktokでバズるやつ……」といった声が寄せられている。

 歌唱を担当したのは日本のオペラ歌手である新藤昌子さん。ブラジルのファンにも新鮮に聞こえる国歌斉唱を提供したと言えそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】国立競技場に駆けつけた日本代表サポーターを特集

【キリンチャレンジカップPHOTO】日本0ー1ブラジル|粘り強い守備でブラジルに善戦するも…ネイマールの一発で惜敗!
【関連記事】
日本サポーターの振る舞いをブラジル人記者が称賛! 「大型スクリーンに表示されると…」
ネイマールとヴィニシウスが同じ森保J戦士から股抜きを決める!華麗なシーンにブラジルサポがまさかの批判「ゴールになるわけじゃない」「日本人を相手に…」
「嘲笑している」ネイマールがトロフィーを手に大はしゃぎ! セレソン10番の振る舞いにアルゼンチン紙が怒り
「なんという恥だ」森保Jに辛勝のブラジル代表に辛辣批判!「ネイマールはPKしか決めないじゃないか」
「そのまま連れて来て」ブラジル人Jリーガーがネイマールやヴィニシウスらと集合写真! 豪華メンバーにファン驚嘆

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ