【日本0-1ブラジル|採点&寸評】CB吉田&板倉を中心に奮闘も…ブラジルとの差を痛感

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2022年06月06日

77分まで無失点で抑えるが

【警告】日本=遠藤(41分)、鎌田(54分) ブラジル=ラフィーニャ(35分)、ネイマール(80分)
【退場】日本=なし ブラジル=なし
【MAN OF THE MATCH】カゼミーロ(ブラジル)

画像を見る

[キリンチャレンジカップ]日本 0-1 ブラジル/6月6日/国立競技場

【日本代表・総評】
5.5

 指揮官の宣言通り、4日前のパラグアイ戦から吉田、原口、遠藤を残しつつ先発を大幅に変更。現状の“ガチメンバー”でブラジル戦へ挑んだ。試合の入りは悪くなかったが、徐々に後方からのポゼッションを相手に阻まれるようになり、ピンチの数が増加。守備陣はCBコンビを軸に粘ったが、攻撃面での差を見せつけられ、PKによる失点で敗れ去った。この経験をワールドカップに生かしたい。

【個人採点・寸評】
GK
12 権田修一 6

落ち着いたセービングでゴールを守る。ゴールキックの際にはCBとともにボールを運ぼうとした。ネイマールのPKで失点したが、好守は評価されるべきか。

DF
5 長友佑都 5.5(81分OUT)

通常とは逆の右SBで先発。マッチアップしたヴィニシウスが果敢に仕掛けてこなかったこともあり、しっかり右サイドを守った。そして、果敢にオーバーラップも。もっとも攻撃面の質は高めたかった。

22 吉田麻也 6
パラグアイ戦はコンディションアップへ強度を上げた練習を積んで臨んだ、と話していたが、その甲斐あってか、この日は状態の良さを感じさせた。右ウイングの伊東への好フィードも通し、最終ラインを統率。力強いプレーを示すも結果にはつながらなかった。
 
4 板倉 滉 6
63分にネイマールのシュートに対し、魂のブロックを見せたシーンなど気持ちのこもった守備を披露。もう少し配球で貢献したかったはずだが、よく粘っていた。

20 中山雄太 5.5
右の長友とともに守備面でチームを助けた。ただし彼も攻撃面でプラスアルファをもたらしたかった。
【関連記事】
【ブラジル代表|採点&寸評】ネイマールはややキレを欠くも…。MOMは攻守で日本代表を圧倒したボランチ!
「なんという恥だ」森保Jに辛勝のブラジル代表に辛辣批判!「ネイマールはPKしか決めないじゃないか」
【セルジオ越後】せっかくのブラジル戦、もったいないことをしたね。“負けないためのサッカー”では世界じゃ勝てないよ
「健闘と言えるのでは?」ブラジルに敗れた森保ジャパンの奮闘、ファンの評価は真っ二つ「交代が意味不明」
「日本のGKは素晴らしい!」好セーブ連発の権田修一を敵国ブラジルも称賛!「クソ、また防がれた」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ