「原口、鎌田、堂安には対抗できない」日本代表に惨敗のパラグアイを母国メディアが糾弾!「3回連続でパスも繋げない」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年06月03日

「選手のクオリティは似ても似つかない」と酷評

この堂安らが繰り出すの攻撃をパラグアイは食い止められず。写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 日本代表は6月2日、札幌ドームでキリンチャレンジカップ2022のパラグアイ代表戦に挑み、4-1で大勝を収めた。

 序盤から主導権を握った日本は36分、原口元気のスルーパスに抜け出した浅野拓磨がGKとの1対1を制して、鮮やかなループシュートを決め、先制点を奪取。さらに42分、右ウイングの堂安律が上げた高精度クロスに鎌田大地がヘッドで合わせ、追加点を挙げる。

 59分に1点を返されたものの、その1分後に三笘薫が左足でループ気味のシュートを決めて突き放すと、85分に田中碧がミドルシュートを突き刺してダメを押した。

 パラグアイ・メディア『Versus』は、日本に押されっ放しとなった自国代表を「いつもと同じ。パラグアイは叩きのめされた。お粗末なプレーをした」と酷評した。

「圧倒した日本に叩きのめされた。新しいプロセスは議論の余地がない1-4から始まり、アルビローハ(白赤)はいつもと同じことをしていた」
 
 守備が崩壊した原因には中盤の出来の悪さを挙げ、「多くは存在しなかった。アンドレス・クバスだけでは、こちらのサイドで絶えずポジションチェンジをしていた原口、鎌田、さらに堂安に対抗できなかった」と続けた。

『Versus』は「日本は寛大すぎて数えきれないほどのチャンスを無駄にした。GKのサンティアゴ・ロハスは彼自身が与えた(堂安の)PKさえもストップした」として、日本の決定力不足を指摘しつつ、こう糾弾している。

「新しいプロセスの最初のゲームは酷いものだった。パラグアイはプライドや反抗心を見せず、敵陣では3回連続でパスを回すことさえほとんどできなかった。日本のような競争力の高いチームと比べると、選手のクオリティは似ても似つかない」

 母国メディアにとっては予想外の完敗だったのかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【関連動画】三笘薫が代表3ゴール目をゲット! 圧巻のフィニッシュでチームの3点目

【キリンチャレンジカップPHOTO】日本4ー1パラグアイ|森保ジャパン4発!ブラジルとの大一番に弾みつける勝利

【PHOTO】札幌ドームに駆けつけた日本代表サポーターを特集!
 
【関連記事】
「一人だけ落ち着きが違った」城彰二が絶賛した日本代表戦士は? 一方で “至宝”には苦言「残念なのは久保君。伸び悩んでるね」
【セルジオ越後】4点? 物足りないね。パラグアイは勝って当たり前の相手。代表デビューの伊藤も問題なかったけど、アピールになったかどうか
「惨敗じゃないか!」森保ジャパンに完敗のパラグアイ代表に敵国ファンが怒り!「日本を破ることなんてできない」
「爆発的なパフォーマンスだ!」ブラジル最大メディアがパラグアイ粉砕の日本代表戦士18名&森保監督を本気採点!
「我々は日本より20年遅れている」森保Jのパラグアイ戦圧勝に中国衝撃!「南米の強国を打ち負かした」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ