【U-22日本代表】J2京都に痛恨の敗戦……攻守に不安を残した手倉森ジャパン

カテゴリ:日本代表

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2015年08月26日

元日本代表FWの巧みな動き出しを止められず…。

4-2-3-1のトップ下で先発した中島。スペースを見つけてボールを引き出し周囲を活かすなど、攻撃の中心として及第点のプレーを見せた。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 来年のリオデジャネイロ五輪を目指すU-22日本代表は、8月23日から京都キャンプを実施。最終日の26日には京都と45分×2本のトレーニングマッチを行なった。

【PHOTO】U-22日本代表 1-2 京都
 
 中島翔哉、鈴木武蔵、植田直通、野津田岳人らが先発した1本目は、序盤こそ相手にペースを握られる展開で、球際でも力強さを見せられず思うように攻撃を繰り出せなかったが、徐々にU-22代表がリズムを掴んでいく。
 
 11分には中島のパスを受けた伊東幸敏のクロスに鈴木が飛び込み、決定機を迎えると、15分にはCKから再び、鈴木が惜しいヘディングシュートを打ち込む。17分には原川の縦パスから中島がドリブルシュートを狙うなど、いくつかのチャンスを築いた。
 
 しかし、攻撃の形は作れていたものの、ラストパスが合わないなど、フィニッシュの精度が足りずになかなかゴールを奪うことができない。イージーミスも散見されて自分たちで流れを切るシーンが出始めると、チーム全体の動きが停滞していく。
 
 そうした流れのなかで迎えた34分、右サイドを崩されてクロスを放り込まれると、巧みなポジショニングでマークを外した大黒将志に押し込まれ、先制点を献上してしまう。
 
 もっとも、その後も手数をかけずに前線へ素早くパスを供給していくU-22代表の攻撃の狙いは、ある程度奏功していた。ただ、44分の中島の狙いすました一撃は、ゴールの枠を捉え切れないなど、無得点のまま最初の45分間を終えた。
 
 メンバーを大幅に入れ替えた2本目は、開始早々にこの日ふたつ目の失点を許す。今度は左サイドを突破されて、フェホのクロスを石田雅俊に合わせられてリードを2点差に広げられてしまう。
 
 まずは1点を返したいU-22代表は、2本目から出場した杉本竜士や前田直輝らのアグレッシブな仕掛けで相手を押し込んでいく。15分には中島の絶妙なスルーパスに金森健志が抜け出してシュートを放つも、これは相手GKのセーブに阻まれた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ