A・カイキの先制弾に、ショルツがPKで同点弾。浦和は7戦連続ドロー、鹿島は連勝ならず

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年05月21日

後半はスコアボードが動かず

浦和対鹿島は1-1の引き分けに。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 Jリーグは5月21日、J1第14節の8試合を各地で開催。埼玉スタジアム2002では浦和レッズ対鹿島アントラーズの一戦が行なわれ、1-1の引き分けに終わった。

 試合はさっそく動く。6分、鹿島が先制点を奪取。日本代表の6月シリーズに選出された上田綺世が持ち前の力感あふれるシュートを放つ。これは相手GKにストップされるが、こぼれ球に反応したアルトゥール・カイキが押し込む。
 
 ビハインドを背負った浦和は、前半終了間際の44分に試合を振り出しに戻す。明本考浩のクロスが、ボックス内での鹿島DF関川郁万のハンドを誘い、PKを獲得。キッカーのアレクサンダー・ショルツがゴール左に強烈なショットを突き刺す。

 1-1で迎えた後半、両チームとも果敢に次の1点を狙っていくが、結局、スコアボードは動かず。ともに守備陣の奮闘が光る一方で、攻撃陣は決め手を欠き、勝点1を分け合う結果となった。

 浦和はこれで7試合連続ドロー、前節に勝利している鹿島は連勝とはならなかった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブ”美女チアリーダー”を一挙紹介!
 
【関連記事】
逆転負けのガンバ、ピッチ上でまさかの内輪揉め。昌子とペレイラが激しく言い合う。「試合中にあれはアカン」「敵地で恥ずかしい」などファン落胆
劇的FK弾は無効、キッカーのイニエスタは審判に歩み寄り…名手の振る舞いに代表OBは「ちゃんと礼をするのが凄い」
「選ばないほうが良かった」城彰二が日本代表28人選出に持論!「サプライズ」は伊藤洋輝の初招集ではなく…
「えっ冨安呼ぶん?」6月シリーズの日本代表28人が発表! 堂安&鎌田の復帰、伊藤洋輝の初選出に反響。一方で「意地でも呼ばないのか」という声も
「日本が大好き」浦和ユンカーがタクシー運転手の“神対応”に感激!「とんでもない奇跡」とファンも驚愕

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ