【J1採点&寸評】浦和3-3横浜|ハット達成のユンカーに最高評価「7.5」! 横浜の3トップも軒並み高採点

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年05月19日

シンプルな攻撃が功を奏し、エースが3得点

【警告】浦和=なし 横浜=西村(56分)、畠中(90+5分)【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】キャスパー・ユンカー(浦和)

画像を見る

[J1第11節] 浦和3-3横浜/5月18日/埼玉スタジアム2002

【浦和|採点】
スタメン)
GK
西川周作 5.5
DF
馬渡和彰 5(69分OUT)
アレクサンダー・ショルツ 5.5
岩波拓也 5.5
明本考浩 5.5
MF
小泉佳穂 5
平野佑一 5.5(77分OUT)
柴戸 海 6.5
関根貴大 6.5(77分OUT)
FW
アレックス・シャルク 5(69分OUT)
キャスパー・ユンカー 7.5 [MAN OF THE MATCH]

途中出場)
MF
大久保智明 6.5(69分IN)
FW
松尾佑介 6.5(69分IN)
MF
ダヴィド・モーベルグ ―(77分IN)
MF
岩尾 憲 ―(77分IN)

監督)
リカルド・ロドリゲス 5.5
 
【浦和|寸評】
 前半は小泉の役割とプレーがハッキリせず、右サイドを中心に崩壊して3失点。後半はハイラインを続ける横浜の出方もあり、シンプルな背後への狙いが機能して爆発力を見せた。

 右サイドで馬渡と小泉の関係がハッキリしないところから2失点。相手の良さもあったが、ミスマッチを突かれた感もある。3点ビハインドで後半を迎えると、リスク覚悟でオープンな打ち合いを志向し、相手もそれに乗ってくれたことでユンカーが活きた。交代出場の松尾と大久保もゴールに絡み、スペースに対してシンプルな攻撃が功を奏した。しかし、劇的な展開であろうとなかろうと得られた勝点が1には変わりない。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定したこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
【関連記事】
「美しいコントロールショット」マリノス宮市亮のJ1初弾に反響!「可能性しか感じない」
「スウェーデンより進んでいる」浦和MFモーベルグが日本で受けた“衝撃”を母国紙に語る!「とても気に入っている」と称賛したのは?
「勝てる人はもう日本に現われない」松井大輔が選ぶ“天才パサー”3選手!「ヨーロッパサッカーの最先端」と表現したのは…
「サッカー選手は社会的信用が低い」佐藤寿人が住宅ローン審査に落ちた過去を告白「すごいショックでした」
「数が足りないなんて信じられない。なぜだ?」南野拓実らの“優勝メダルなし問題”にクロップ監督が苦言! FAに異例の要求

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ