「ヤットイズムを感じました」J1週間ベストゴールTOP5が発表!磐田MFの鮮やかなフィニッシュに脚光

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年05月18日

「ゴールへのパス」

鹿沼の鮮やかなフィニッシュが決勝弾となった。写真:徳原隆元

画像を見る

 Jリーグは、先週末の5月13日と14日に開催されたJ1リーグの中から、最もインパクトのあったゴールのトップ5を選出。公式ツイッターで公開した。

 見事1位に輝いたのは、磐田の鹿沼直生の鮮やかなフィニッシュ。FC東京戦の88分、混戦からこぼれたボールを右足ダイレクトで合わせる。ふわりと放ったシュートがゴール右隅に吸い込まれ、これが決勝弾となった。
 
 2位は、札幌の菅大輝の鹿島戦(●1-4)での強烈なミドル。4点をリードされた69分に左サイドでボールを受けると、カットインして利き足とは逆の右足を一閃。強烈なシュートがゴール右隅に突き刺さった。
 
 また、3位には鹿島の鈴木優磨が札幌戦(○4-1)で挙げた自身2点目のゴール、4位はFC東京のアダイウトンが決めた磐田戦(●1-2)の同点弾がランクイン。5位には神戸の汰木康也がアンドレス・イニエスタからのパスを受けて決めた鳥栖戦(〇4-0)でのゴールが選出された。

 公開された動画には以下のような称賛の声が上がった。

「ゴールへのパス」
「ヤットイズムを感じました」
「鹿沼たまらん」
「スガキャノン2位」
「鈴木優磨のゴールが一番好き」
 
 先週も多くのスーパーゴールが生まれたJ1リーグ 。次節はどんな“ゴラッソ”が生まれるのか目が離せない。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【関連動画】Jリーグ週間“ベストゴール”トップ5! 1位に輝いたのは…

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブ”美女チアリーダー”を一挙紹介!
 
【関連記事】
Jリーグが「声出し応援エリア」の段階的導入を発表! ルヴァン杯PO鹿島戦とJ2第21節・東京V対岩手の2試合で運営検証
森保Jが挑む王国ブラジルの最新序列を徹底解剖! カゼミーロ、フレッジ、L・パケタが中盤のベース、ネイマールの配置は…
「え?脳みそ見えてるやん」アーセナルFWの“きつ過ぎる包帯”が話題沸騰! 「冗談はさておき、大丈夫なのか?」
「最高の写真」ベッカムがメッシ、エムバペら“銀河系軍団”とカタールで再会! 豪華スターのツーショットにファン感嘆
「覚えてたな…」内田篤人、シャルケで共闘したトッテナムMFと再会!「元気だった?」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ