ケイン&ソンが躍動のトッテナム、宿敵アーセナルを3発粉砕!1ポイント差に肉薄! 冨安健洋は“4つのポジション”でフル出場も…

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年05月13日

22分にケインのPKで先制

PK獲得に3点目奪取と躍動したソン・フンミン。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間5月12日に開催されたプレミアリーグ第22節の延期分で、冨安健洋が所属する4位のアーセナル(勝点66)が、4ポイント差で5位の宿敵トッテナム(同62)とアウェーで対戦した。

 このノースロンドン・ダービーに勝って5連勝を飾れば、6シーズンぶりのチャンピオンズ・リーグ(CL)出場権(4位以内)が得られるアーセナルは、4日前のリーズ戦に続いて、冨安を主戦場の右SBではなく左SBで起用した。

 立ち上がりから激しい攻防が続くなか、22分に先制点を挙げたのはトッテナムだ。クルセフスキが右サイドから送り込んだクロスにヘッドで合わせようとしたソン・フンミンがセドリクに後ろから押されてPKを獲得。これを“ダービー男”の主砲ケインが落ち着いてゴール右に決めた。

 その5分後には、ケインに抜かれそうになりながらも、冨安が渾身のシュートブロック。ピンチを防ぐ。

【動画】「無謀」「不快だ」リーズDFの危険な両足タックルに冨安が珍しく激昂!
 しかし33分、CBのホールディングが、裏のスペースに抜け出そうとしたソン・フンミンの顔面に肘を入れるような形でコースを防ぎ、2枚目のイエローカードで退場となる。

 すると、その混乱が収まらないまま迎えた37分、CKからベンタンクールがフリックしたボールにケインにヘッドで押し込まれ、あっさり追加点を奪われる。その後に3バックに変更したため、冨安は右CBに回った。

 43分、アーセナルにようやくチャンスが訪れるも、ヌケティアのシュートはGKロリスの好セーブに防がれる。

 後半に入り、何とか立て直したいアーセナルに対し、ホームチームがいきなり追加点を奪取。エリア内でボールを収めたケインが粘り、こぼれ球をソン・フンミンが右足のシュートでゴールに叩き込んだ。

  その後も数的優位のトッテナムがゲームを支配。次々にチャンスを作り出すも、敵GKラムスデイルに阻まれる。
 
 試合はこのまま3―0で終了。ケインとソン・フンミンの活躍で快勝を飾ったトッテナムが宿敵との差を1ポイントに詰めた。

 ガブリエウ・マガリャンイスが負傷退場したこともあり、3バックの中央→左CBと4つのポジションでプレーした冨安はフル出場している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!
【関連記事】
「危険な行為だった」“狙われた”ソン・フンミンがアーセナルDFの顔面肘打ちレッドに苦言!「明らかなファウルだ」
「トミヤスが熱くなるのは珍しい」冨安健洋が同僚FWへの“無謀な両足タックル”に激昂!元英代表キャラガーも愚行を糾弾「バカか。プロ意識がない」
「トミヤスは大きなインパクトを残している」韓国代表ソン・フンミンは宿敵DF冨安健洋をどう見ているのか。「同じアジア人として…」
「感動さえ覚えた」なぜ冨安健洋の“激昂”を英国人記者は称賛したのか。「日本人は大人しいイメージがあるが…」【現地発】   
「サッカー人生で最高の人物の一人」リバプールDFが元同僚の内田篤人を絶賛!「僕の面倒を見てくれた」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ