「トミヤスが熱くなるのは珍しい」冨安健洋が同僚FWへの“無謀な両足タックル”に激昂!元英代表キャラガーも愚行を糾弾「バカか。プロ意識がない」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年05月09日

「両足の不快なタックルだ」と酷評

同僚への危険なプレーに冨安がヒートアップした。(C)Getty Images

画像を見る

 無謀なタックルに、普段は冷静沈着な男がヒートアップした。

 5月8日に開催されたプレミアリーグ第36節で、冨安健洋が所属する4位のアーセナルは17位のリーズとホームで対戦。2-1で勝利し、4連勝を飾った。

 コンディションが心配された冨安は、主戦場の右SBではなく、初めて左SBでスタメン起用。フル出場を果たし、攻守に好パフォーマンスを披露している。

 その日本代表DFが珍しく熱くなったのが、2-0とリードして迎えた27分のプレーだ。敵DFルーク・エイリングがガブリエウ・マルチネッリに対して、危険な両足のレイトタックルを仕掛けたのだ。

 近くにいた冨安は、すぐにレフェリーに駆け寄り、カードを要求。それを“阻止”しようとするリーズの10番ラフィーニャと押し合いになる場面もあった。

 最初はイエローカードだった判定は、VARとオンフィールドレビューを経て、レッドカードに。2点のビハインドを負っていたリーズにとっては、痛恨の退場となった。

【動画】「無謀」「不快だ」リーズDFの危険な両足タックルに冨安が激昂!
 この愚行を、英メディア『talkSPORT』は、「経験豊富なSBの無謀なタックルだったのは明らかだ」とばっさり。元イングランド代表DFのジェイミー・キャラガーが『 Sky Sports』で「バカか。プロ意識がない」「10人になったというだけでなく、両足の不快なタックルだ」と酷評したと伝えている。

 また、冨安がヒートアップしたシーンには、ファンから「冨安がここまで熱くなるの珍しい」「目の前で見ると尚更、危ないプレーなんだろうな」といった声があがっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部 

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!
【関連記事】
「完璧なパフォーマンスだ」左SB起用の冨安健洋を英メディアが激賞!アタッカー顔負けの衝撃スタッツには驚き「なんと誰よりも多かった」
「とんでもない失態」リーズ守護神がまさかのトラップミス→アーセナルに5分で先制点献上に辛辣批判!「ひどい、最悪のスタートになった」
「獲得時はショッキングだった」冨安健洋、“プレミアのお買い得補強”に選出!「イングランドでは全くの無名だったが…」
「いい選手だけど嫌い」林大地がSTVVファンから“嫌われている”日本代表戦士を明かす「サポーターがめっちゃ言う」
「とんでもない選手になる可能性がある」松井大輔がW杯で期待する森保Jの3人は?「活躍しないと日本の勝利が見えてこない」と評価したのは…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ