「完璧なパフォーマンスだ」左SB起用の冨安健洋を英メディアが激賞!アタッカー顔負けの衝撃スタッツには驚き「なんと誰よりも多かった」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年05月09日

「40本のうちミスが1本もなかった」

アーセナルでは初めてとなる左SBで先発し、圧巻のパフォーマンス披露した冨安(右)。(C)Getty Images

画像を見る

 5月8日に開催されたプレミアリーグ第36節で、冨安健洋が所属する4位のアーセナルは17位のリーズをホームに迎え、2-1で勝利。4連勝を飾り、チャンピオンズ・リーグ出場権確保へ前進した。

 先発復帰した前節に途中交代となり、コンディションが懸念された冨安は、主戦場の右SBではなく、アーセナルでは初めてとなる左SBで先発。安定した守備だけでなく、攻撃にも積極的に絡み、左でも機能することを証明してみせた。

 現地メディアもそのプレーぶりを称えている。英国メディア『football.london』は、「アーセナルには独自のジョアン・カンセロがいる。ミケル・アルテタ監督が1600万ポンドで獲得した男が、リーズ戦で完璧なパフォーマンスを披露した」と激賞。「彼のどちらのサイドでもこなせる能力は、アルテタにとって大きな後押しとなった」と伝えた。

【動画】「無謀」「不快だ」リーズDFの危険な両足タックルに冨安が激昂!
 同メディアは、「彼はピッチ上の他のどの選手よりも多い、なんとファイナルサードで40本のパスを記録して、監督の信頼に応えた。しかも、40本のうちミスが1本もなかったのことがさらに印象的にしている」と、驚きのスタッツを紹介。こう続けている。

「この23歳の役割は、マンチェスター・シティのDFジョアン・カンセロが最近ジョゼップ・グアルディオラ監督によって起用されている、逆足のSBとして機能しているのと少し似ていた。両足での印象的な能力を考えると、彼は快適にやることができる」

 慣れない左SBを「無難にこなした」のではなく、インパクトさえも残した冨安。イングランドのファンに新たな驚きを提供した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!
【関連記事】
「トミヤスが熱くなるのは珍しい」冨安健洋が同僚FWへの“無謀な両足タックル”に激昂!元英代表キャラガーも愚行を糾弾「バカか。プロ意識がない」
「とんでもない失態」リーズ守護神がまさかのトラップミス→アーセナルに5分で先制点献上に辛辣批判!「ひどい、最悪のスタートになった」
「獲得時はショッキングだった」冨安健洋、“プレミアのお買い得補強”に選出!「イングランドでは全くの無名だったが…」
「いい選手だけど嫌い」林大地がSTVVファンから“嫌われている”日本代表戦士を明かす「サポーターがめっちゃ言う」
「とんでもない選手になる可能性がある」松井大輔がW杯で期待する森保Jの3人は?「活躍しないと日本の勝利が見えてこない」と評価したのは…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ