「DFにとって常に脅威」「今日も重要な役割を果たした」アベック弾で逆転勝利に導いた前田&古橋を現地メディアが絶賛!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年05月08日

「評判の男はゴーストのように入り込んで…」

ゴールを挙げ、逆転勝利に大きく貢献した前田(左)と古橋(右)。(C)Getty Images

画像を見る

 5月7日に開催されたスコットランド・リーグ第36節で、日本人選手4人が所属する首位のセルティック(勝点86)は、3位のハーツ(同61)とホームで対戦。開始3分で先制を許す展開のなか、逆転勝利に導いたのが2人の日本代表FWだった。

 31分、右サイドを突破したジョッタからのラストパスに、ペナルティエリア内で反応した前田大然が、右足で冷静にフィニッシュ。まずは同点に追いつくと、37分にはジョッタのファーでの折り返しを古橋亨梧がヘッドで押し込み、一気に逆転に成功した。
【動画】前田の右足&古橋のヘッド!セルティックを逆転に導いた日本代表FWのアベック弾をチェック

 後半も攻撃の手を緩めず、さらに2点を追加したホームチームは4―1で快勝。リーグ戦の無敗記録を30試合に伸ばし、残り3試合のレンジャーズとの勝点差を9に。8日に今節を戦う宿敵が引き分け以下に終わると、2年ぶり52度目のリーグ制覇が確定する。勝利した場合でも、セルティックは次節で勝点1を積み上げれば、戴冠を決められる。

 王手をかける勝利に貢献した前田と古橋に、現地メディアも高評価だ。『THE CELTIC WAY』は採点記事で共に7点を付け、それぞれ以下のように称えている。
 
「(GKのクレイグ)ゴードンの股間を抜くシュートを放ち、同点弾を決めた。評判の男はゴーストのように入り込んで素晴らしいポジションを取り、ディフェンダーにとって常に脅威となる」(前田)

「静かな午後を過ごしていたが、37分に2―1とするために、ヘッドでボールをゴールラインの奥に押し込んだ。これは緑と白のユニホームでの素晴らしいデビューシーズンの18点目となった。その一方で、主審から執拗なファウルで注意も受け、残り25分でギオルゴス・ギアクマキスと交代した」(古橋)

 また、『SCOTTISH DAILY EXPRESS』は、2人にジョッタとマット・オライリーに次ぐ8点を与え、次のように評している。

「前半にいくつか良いチャンスを作り、試合を振り出しに戻すクールなフィニッシュで報われた。素晴らしいタッチと強さだった」(前田)

「クイックスタートの後、適切な位置からラインを越すヘディングシュートを放ち、今日も重要な役割を果たした」(古橋)

 残り2試合では、不調が続き、ハーツ戦では途中出場となった旗手怜央と、3試合連続でメンバー外と苦しい時を過ごす井手口陽介にも期待したいところだ。日本人カルテットの同時出場は見られるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「年間ベストゴール賞」を受賞!古橋が決めたリーグカップ決勝の鮮烈弾

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!
【関連記事】
「獲得の可能性はある」セルティックの地元メディアが“5人目の日本人”に推すサムライ戦士は? 「最高レベルのパフォーマンスを見せてきた」
「いい選手だけど嫌い」林大地がSTVVファンから“嫌われている”日本代表戦士を明かす「サポーターがめっちゃ言う」
「外国人選手が『本当か?』って確認しにきた」香川真司のSTVV加入の衝撃を同僚FWが明かす!「来た時は全員が驚いた」
元ブラジル代表フッキ、神戸からのオファーを拒否した事実を明かす!なぜJリーグに復帰しなかったのか?
「松木安太郎ジャパン」のW杯メンバー23人は超攻撃的!サプライズ枠は? 久保建英の活用法は?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ