リバプールの株を保有する投資会社がミラン買収に動くと現地報道! 約1300億円を用意か

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2022年05月07日

ニューヨークを拠点とする投資ファンドがミラン買収に名乗り

残り3節となったセリエAで首位に立つミラン。11シーズンぶりとなるスクデットを獲得できるか。(C)Getty Images

画像を見る

 リバプールの少数株主でもある民間投資会社の『RedBird Capital Partners』が、ミラン買収へ動き始めたようだ。

 現地時間5月5日、『RedBird Capital Partners』が、ミランのオーナーであるアメリカの投資グループ『Elliott』に対し、10億ユーロ(約1300億円)でクラブ株式の過半数の譲渡を申し出たと、英衛星放送『Sky News』など複数のメディアが報じた。

『RedBird Capital Partners』は、ゲリー・カルディナーレが設立したニューヨークを拠点とした投資会社だ。

 20年7月にフランス2部のトゥールーズの株式を85パーセント取得してクラブの新オーナーになると、21年3月にはリバプールやMLBのボストン・レッドソックスなどを保有する『Fenway Sports Group』に7億5000万ドル(約83億円)を投資。株式の約11パーセントを所有するなど、積極的な動きを見せている。
 

 バーレーンを拠点とする投資会社の『Investcorp』が、ミラン買収へ向けて『Elliott』との独占交渉権を得て話し合いを続けていたものの、交渉期限である4月末までに合意へ至らなかったため、『RedBird Capital Partners』が手を挙げた形だ。

『Sky News』によれば、独占交渉権を失った『Investcorp』もミラン買収を諦めていないとのことで、『Elliott』、『RedBird Capital Partners』、『Investcorp』の3社ともに公式コメントは出していないものの、数日以内に交渉が成立する可能性があるとも伝えている。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】現地番記者が選ぶ「過去20年のミラン・レジェンドTOP10」を厳選ショットで振り返り!

【関連記事】
「いい選手だけど嫌い」林大地がSTVVファンから“嫌われている”日本代表戦士を明かす「サポーターがめっちゃ言う」
「とんでもない選手になる可能性がある」松井大輔がW杯で期待する森保Jの3人は?「活躍しないと日本の勝利が見えてこない」と評価したのは…
日本人ユーチューバーがナポリ戦でまさかの盗難被害。驚きの犯人にイタリアでも反響
「闘莉王と組ませたら喧嘩する」城彰二が“日本代表の歴代ベスト11”を選出!中田英が選外の中盤は? 森保Jからセレクトした2選手は…
「獲得時はショッキングだった」冨安健洋、“プレミアのお買い得補強”に選出!「イングランドでは全くの無名だったが…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ