「怒られっ放しだったんですけど…」オシムジャパンで初代表の中村憲剛、恩師の訃報に絶句「僕のサッカー人生を肯定してもらった」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年05月02日

「初めて日の丸を付けさせてくれたのがオシムさんだった」

恩師であるオシム氏(左)の訃報に、中村氏(右)が想いを述べた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 5月1日、元日本代表監督のイビチャ・オシム氏が80歳で逝去した。かつて指揮を執ったオーストリアのシュトゥルム・グラーツが発表した。

 母国ボスニア・ヘルツェゴビナのメディア『Klix』によれば、1日の午前10時にオーストリアはグラーツの自宅で永眠したという。

 オシム氏は2003年~2006年までジェフユナイテッド千葉の監督を務め、2006年7月に日本代表の指揮官に就任。ただ、2007年11月に脳梗塞で倒れ、退任を余儀なくされた。

 そのオシムジャパンで世代別も含めて初めて日本代表に選出された中村憲剛氏は、ゲスト出場したDAZNの「やべっちスタジアム」の中で、恩師の訃報が伝えられると、「信じられなくて、言葉が出ないですけど」と一瞬言葉に詰まった後、感謝の言葉を述べた。
 
「日本代表に初めて招集していただいた監督でもありましたし、サッカーが大好きな方で、怒られっ放しだったんですけど、いろいろなことを教えてもらって学んで、40歳までプレーするベースになった」

 日本代表で68キャップを刻んだ司令塔は、「僕は、世代別でも日の丸を付けたことがなかったので、初めて日の丸を付けさせてくれたのがオシムさんだった。僕自身のサッカー人生を肯定してもらったような。素晴らしい方でした。本当に残念です」と続け、悲しそうな表情を見せた。

 MCの矢部浩之さんから、「憲剛さんは思い出したら、たくさん思い出が出てくると思いますけど…」と振られたが、うんうんと頷くだけで、その後は言葉が出なかった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】シュトゥルム・グラーツのオシム氏を追悼する投稿
【関連記事】
「一番叱ってくれた人」オシム氏の永逝に“チルドレン”が哀惜の念「会って抱きついて泣きたかったよ」
「サッカーの美しさを見せてくれた」「言葉にはいつもパワーがあった」オシム氏逝去に悲しみの声
「アップ開始2分でいきなり怒られて…」“申し子”羽生直剛氏が語る名将イビチャ・オシムの真髄
「闘莉王と組ませたら喧嘩する」城彰二が“日本代表の歴代ベスト11”を選出!中田英が選外の中盤は? 森保Jからセレクトした2選手は…
福田正博が選ぶJ歴代ベスト11「 オシム監督の下で “猛獣”たちがどう輝くか」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ