「クラブに背を向けた」ベイルが故障を理由にマドリーの優勝祝勝会を欠席。ケガの“偽装”疑惑が浮上

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年05月01日

「マドリーの医療スタッフには検出不可能だった」

ケガを偽装した可能性も浮上しているベイル。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間4月30日、ラ・リーガ第34節が行なわれ、レアル・マドリーがエスパニョールに4-0で勝利し、2年ぶりの優勝を決めた。

 試合後には優勝セレモニーが開催されたが、ケガによりメンバー外になったウェールズ代表FWガレス・ベイルの姿は見られなかった。スペイン紙『MARCA』が伝えている。

『MARCA』によれば、ベイルが不在だったのは「背中を負傷していたため」だという。しかし、「ベイルのケガはマドリーの医療スタッフによって検出不可能だった」とも伝えている。
 
「この日、エデン・アザールやルカ・ヨビッチといった負傷または出場停止中の選手たちは祝賀会に参加する努力をした。しかし、エスパニョール戦を前に”検出不可能”な背中の怪我を訴えたベイルの姿は見えず、マドリーは裏口から出ることを決意した選手に対しては無関心に振る舞うことに決めたようだ。現地のレポーターはクラブがベイルに制裁を科すことも視野に入れていると伝えた」

 また、現地紙『Mundo Deportivo』によれば、「実際に負傷していない理由での欠場が明らかになった場合、罰金は40万ユーロ(約5000万円)にのぼる可能性もある」と指摘している。

 当のベイル本人は試合後、自身のインスタグラムに「チャンピオン! 腰の痛みのために、今宵の祝勝会に参加できないことを残念に思うけれど、タイトルを獲得したチームを心底誇りに思っている!」と投稿。優勝への喜びと”欠場”理由を綴っている。

 今シーズンのベイルは、背中や腰の故障や新型コロナウイルス感染などで度々戦列から離れており、公式戦出場7試合、1ゴールに終わっている。カルロ・アンチェロッティ監督の下では戦力外とされており、マドリーとの契約は今年6月末で切れるため、退団が既定路線とみられる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!
【関連記事】
「未来のスターだ」マドリー中井卓大、“リーガ制覇”の当日にベルナベウのピッチに立つ!一体なぜ?「どこいるかすぐわかった」
「バルサでプレーするに値しない選手が数多くいる」地元メディアが大刷新を強く訴え
「もの凄いダブルタッチとアシストだ!」マドリーの“8番”中井卓大が披露した華麗なダブルタッチ→浮き球スルーパスを現地絶賛!
「彼の宿題は…」セルジオ越後が注目の高卒ルーキー松木玖生に期待することは?「どこでアピールできるか」
浅野拓磨が絶妙2アシストのボーフム、ドルトムントの本拠地で衝撃ドラマ! 指揮官興奮「狂気の沙汰だ」「奇跡を起こした」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ