「弱いベトナムを相手に失望させた」久保建英の出来をスペイン紙がバッサリ「日本代表では道に迷っている」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年03月30日

「前半はほとんど何も残さなかった」

先発したものの違いを作り出せなかった久保。写真:田中研治(サッカーダイジェスト/JMPA代表撮影)

画像を見る

“日本の至宝”に手厳しかった。

 3月29日に開催されたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選で、日本代表はベトナム代表と埼玉スタジアム2002で対戦。1-1の引き分けに終わっている。

 注目の久保建英は4-3-3の右ウイングで先発出場。何度かチャンスを作り出し、吉田麻也が奪った54分の同点弾にも絡んだものの、決定的な役割は果たせず。期待された代表初ゴールは、またもお預けとなった。

【動画】自らのインターセプトから一気にゴール前へ!吉田麻也が奪った執念の同点弾
 マジョルカでプレーする20歳を酷評したのが、スペイン全国紙の『AS』だ。「日本は久保への信頼を失う」と題した記事で、「レアル・マドリーから貸し出されているマジョルカの選手は、弱いベトナムを相手に失望させた」と綴った。

「日本の久保には皆が期待しているが、今では彼はほとんどいないに等しい。20歳の日本の希望は、たいしたことのない選手になってしまった。森保監督の計画において、ますます重要性を失い、ファンの間でのウエイトは減っている」

 同紙は、久保の出来について、「最低の前半を終えた。彼はほとんど何も残さなかった。非常に臆病なシュートで、2つの良いお膳立てを無駄にした」とバッサリ。「後半はきちんとした仕事で批判を減らすことができた」としながらも、62分で交代となり、「自分を証明するのに理想的と思われた機会を逃した」と綴った。

 さらに、記事は「久保のタッチ数は46回で、パス成功率は69%に過ぎず、14回もボールを失った」と指摘。「日本代表では道に迷った」として、ウイングのポジション争いに触れ、「伊東と南野は議論の余地がなく、三笘の登場は彼らの考えを根本的に変えた。このままの状況が続けば、久保は岐路に立つ」と伝えている。

 本大会のメンバー入りも危うくなってきた――。『AS』紙はそう見ているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【W杯アジア最終予選PHOTO】日本1-1ベトナム|吉田麻也の一撃で同点に追いつくも…ベトナムの守備を崩しきれずドロー決着!

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!
【関連記事】
「ベトナム相手に崩せないのは厳しい」城彰二が日本代表に苦言。森保監督の戦術にも疑問「久保君は右に固定したら何もできない」
【セルジオ越後】久保や旗手らを先発させたけど、選手起用の順番が逆だよ。層の薄さが強調されてしまったね
「日本が2度目の神アシストをしてくれた」なぜ森保Jのベトナム戦ドローに中国メディアが歓喜したのか。「おかげで…」
「久保選手も三笘選手も個人技頼み」内田篤人が指摘した森保ジャパンの課題は?「前半からできていたら…」
久保はベトナム戦の出来では厳しい。一方で川島と長友がきっと本大会のメンバーに選ばれる理由は?【編集長コラム】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ