• トップ
  • ニュース一覧
  • 【セルジオ越後】久保や旗手らを先発させたけど、選手起用の順番が逆だよ。層の薄さが強調されてしまったね

【セルジオ越後】久保や旗手らを先発させたけど、選手起用の順番が逆だよ。層の薄さが強調されてしまったね

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年03月30日

“勝ち続けている”チームでまずは戦うべきだった

前節からスタメンを9人入れ替えた日本。ベトナムに勝ちたかったのなら“勝ち続けている”チームでまずは臨むべきだった。写真:田中研治(サッカーダイジェスト/JMPA代表撮影)

画像を見る

 7連勝とグループ首位通過がかかる予選最後のベトナム戦で、日本は1-1のドローに終わった。前半の途中にCKから先制されて、後半に入って吉田のゴールで同点としたけど、逆転することはできなかった。悔いが残る結果となったね。

 久保、旗手、柴崎、川島など、これまで出場機会の少なかった選手が先発出場を果たした。途中出場がメインだった三笘や原口もスタメンに名を連ねた。彼らにチャンスを上げたい、スタメンで出たらどれだけできるのか、ということを見たかったんだろうけど、そういう考えが甘かったんじゃないかな。

 三笘はスタメンでピッチに立って、たとえば2得点した前節のオーストラリア戦のようなパフォーマンスを見せられるのか。そこはひとつ注目だったと思うけど、だんだんと消耗していったね。久保も思うように相手を抜くことができない。

 そして1点ビハインドの後半には、スタートから伊東を入れて、その後に南野、守田、田中を投入と、いつものメンバーを出場させたけど、そもそも順番が逆だったと思う。

 本来であれば、最初にベストメンバーを出して、スコア的にも差をつけてから、テストしてみたい選手を投入するものだ。ここまで森保ジャパンは6連勝。“勝ち続けている”チームでまずは戦うべきだったと思う。このベトナム戦に勝ちたかったのならね。
 
 もっとも、日本は数多くのチャンスを作った。VARの介入やオフサイドで取り消されたゴールはあったけど、ただ、ベトナムは5バック気味で、中盤に4人を並べたりと、ディフェンシブな戦い方だった。そういう相手にチャンスは作れて当然だよ。

 そこで結果を出せなかった。最初から後手に回った印象だし、途中で交代させられた選手たちが気の毒でもある。「やっぱりダメだったかな」と思っても仕方がないかもしれないし、ネガティブなイメージが植え付けられたとしたら、それこそかわいそうだ。

 試合の入り方や内容、結果などトータルで考えると、日本代表の層の薄さが強調されてしまったように感じるよ。
 
【関連記事】
「日本が2度目の神アシストをしてくれた」なぜ森保Jのベトナム戦ドローに中国メディアが歓喜したのか。「おかげで…」
久保はベトナム戦の出来では厳しい。一方で川島と長友がきっと本大会のメンバーに選ばれる理由は?【編集長コラム】
韓国がまさかの予選初黒星で2位フィニッシュ! 劇的勝利のUAEはオーストラリアとのプレーオフへ
日本、グループ2位転落…オーストラリアに1-0勝利のサウジアラビアが勝点1差で首位突破
【日本1-1ベトナム|採点&寸評】大幅なメンバー変更は逆効果に。三笘、久保らも結果を残せず

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ