• トップ
  • ニュース一覧
  • “レネ・スタイル”の根幹をなす「5W1H」。イメージを共有し、スプリント力が高まれば鬼に金棒だ【鹿島】

“レネ・スタイル”の根幹をなす「5W1H」。イメージを共有し、スプリント力が高まれば鬼に金棒だ【鹿島】

カテゴリ:Jリーグ

小室功

2022年03月21日

ヴァイラー体制2戦目にして、目指すスタイルの輪郭が見えた

5節・湘南戦の勝利で3連勝を達成。新指揮官にとり就任後初のホームゲーム。「選手たちが結果で示してくれた」と喜びを噛みしめた。(C)J.LEAGUE

画像を見る

 スイス人のレネ・ヴァイラー新監督を迎え入れ、新たな戦術の導入に挑む鹿島アントラーズが、その全貌を明らかにしつつある。合言葉は「より速く、よりシンプルに、前へ」にほかならない。

 新型コロナウイルスの感染予防対策のため、来日が大幅に遅れていたヴァイラー監督が3月11日に無事、日本に到着。入国後3日間の待機義務が設けられていたが、措置対象国からスイスが解除されたこともあって、同月13日にチーム合流。その2日後のルヴァンカップ大分戦でベンチ入りした。

 あわただしいなかでの初采配は、立ち上がり早々に染野唯月のヘッドで先制するも、取って取られてのシーソーゲームとなり、最終的に3-3のドロー決着。新天地・鹿島での初陣を勝利で飾ることはできなかったが、ヴァイラー監督は「多くの情報を得られた」とポジティブにとらえていた。

 そして、迎えた3月19日のJリーグ第5節。地元カシマスタジアムでの湘南戦は16分に先制点を許したが、今やエースの称号を得た上田綺世のスーパーミドルとファン・アラーノの逆転弾によって勝利を手繰り寄せる。新指揮官はこう言って喜びをかみしめた。

「私にとって最初のホームゲーム。勝ちたいと思っていたので、よかった。選手たちが結果で示してくれた。ファンやサポーターだけではなく、クラブを支えてくださる皆さんに勝点3を届けることができて、うれしく思う」
 
 ヴァイラー体制2戦目にして、早くも目指すスタイルの輪郭が見えた。とにかく、よく走る。それは単なる印象ではなく、データが裏付けている。

 試合後、Jリーグの公式サイトを通じて、各選手の総走行距離やスプリント回数が公表されているが、そこに興味深い数値を見つけることができる。「3月19日に行なわれたJリーグ第5節の7試合に限って」と前置きさせていただくが、鹿島のスプリント回数のチーム合計は241回。これは14チーム中、最多だった(広島の236回、京都の221回が続く)。

 シーズン開幕前、オンラインを通じ、次のように語った左SBの安西幸輝は、チーム一の40回という数値をたたき出した。まさに“レネ・スタイル”の申し子たる躍動ぶりだった。

「僕らに求められているのはスプリントする力。サイドでのドリブルや前へのフリーランニングは自分の持ち味でもある。そういう意味では、やりやすさを感じている」
 
【関連記事】
「破壊力エグい」鹿島・上田綺世の力感あふれるゴラッソに脚光!「日本のエースになる男」
「ハリウッド俳優みたい」鹿島ヴァイラー新監督のダンディな佇まいに脚光!日本語をスラスラと書く姿も「書き順完璧」
「アイ・ホープ・ユー・チャンピオンズ・カシマ」安西幸輝の秘めたるコミュ力!「笑い過ぎて腹痛い」など大反響!
「俺たちそろそろ付き合う?」内田篤人が告白もまさかの…過去に“フラれた女性”を明かす!「いま答えなきゃいけないならナシで」
【動画】運命の豪州戦に臨む日本代表メンバー27名を厳選フォトで一挙チェック!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ