• トップ
  • ニュース一覧
  • 「我々には明確なプレーモデル、原則がある」“岡田メソッド”が浸透するFC今治とは一体いかなるチームなのか?

「我々には明確なプレーモデル、原則がある」“岡田メソッド”が浸透するFC今治とは一体いかなるチームなのか?

カテゴリ:Jリーグ

大中祐二

2022年03月12日

「岡田メソッド」の構築に関わったキーパーソンが昨年9月に指揮官に就任

FC今治のオーナーである岡田武史氏。“岡田メソッド”を浸透させたチームで2022年シーズンに臨む。(C) Getty Images

画像を見る

 3年目のJリーグを戦うJ3のFC今治には、プレーの原則をまとめた独自の方法論「岡田メソッド」がある。J2を目指した今シーズンの戦いで、その影響はますます強くなっていきそうだ。

■宮崎キャンプでの反省
「すまん。いろいろ指示を出し過ぎた。原点に立ち戻って、パッションでサッカーをやろう」

 2月の宮崎キャンプで、橋川和晃監督は選手たちに謝った。

「我々はこういうサッカーをやりたいという全体像があって、それを実行するために一つひとつの場面でどんなプレーをするのか、いろいろな原則があるわけです。ところがキャンプでの私は原則の話ではなく、やり方に走ったところがあった。やっぱり、言い過ぎるのはよくないですね」
 
 3年目のJリーグを戦うJ3のFC今治には、自律した選手を育て、自立したチームを作るためにプレーの原則をまとめた独自の方法論、「岡田メソッド」がある。これを16歳までに落とし込むことが、前提のスタンスとなっている。

 橋川監督は昨年9月、リュイス・プラナグマ監督、布啓一郎監督に続き、シーズン3人目の指揮官としてトップチームの指揮官に就任した。クラブ内部からの昇格で、それまで務めていた役職名は、アカデミー・メソッドグループ長。2014年に岡田武史オーナーが着想し、4年かけて「岡田メソッド」としてまとめていく過程でも重要な役割を果たした、クラブにおけるキーパーソンの1人だ。

 では何を、どう「言い過ぎた」のか。それは例えば、どのゾーンにボールを運び、どこにフリーで前向きの選手を作り、攻撃のアクションを起こすのか。守備では、どのゾーンで陣形を整え、ボールを奪いに行く準備をするのか。プレーのそれは“やり方”についてである。

「言い過ぎると、選手たちはそればかりになってしまう。『ボールを奪いたい』『ゴールに向かいたい』という本能を奪ってしまうことになるんです」

 伝え方が大事だと橋川監督は言う。ひとつの言葉に、選手たちは敏感に反応するからだ。
「リュイスのとき、『前から守備をしに行くな』と言ったばかりに、チームのやり方として『上がってはダメだ』という意識が働いているという声が選手にあった。そういう誤解を起こさないためにも、岡田メソッドでは16歳までに原則をしっかり落とし込んで、あとは自由なんだよ、という形を取るんです」

 リュイス元監督の指示は、あくまでそのときのケースに限ったものだったはずだ。相手との力関係や時間帯によって、状況はどんどん変わっていく。やり方を当てはめようとするだけでは、すぐに不都合が出るだろう。そもそもきりがない。だが、個々の場面でやるべきプレーの原則は普遍的だ。
 
【関連記事】
中国最大の体育大会で全国優勝!成果を見せ始めた「岡田メソッド」、YouTubeコンテンツ化に踏み切った岡田武史氏の想いに迫る!
愛媛出身の白濱亜嵐さんがデザイン! FC今治が『アシックス』の新ユニフォームをお披露目!!「絶対に勝つデザイン」
【J3】日程・結果
高木サガミハラ2年目、目標はJ3制覇と昇格。「これがエナジーフットボールだと感じてもらえるように」
大型補強で戦力充実のJ3岐阜が選手背番号を発表! 宇賀神は30番、田中順也は15番、ナンバー10を背負うのは…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ