レバンドフスキが開始23分で圧巻のハットトリック達成!CLの大会最速記録を更新! バイエルンは7発圧勝で8強進出

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年03月09日

自ら得たPKで2点を奪取

23分でハットトリックを達成したレバンドフスキ。(C) Getty Images

画像を見る

 稀代のゴールマシンがあっという間にハットトリックを達成した。

 現地時間3月8日に行なわれたチャンピオンズ・リーグ(CL)の決勝トーナメント1回戦・第2レグで、ドイツのバイエルンがオーストリアのザルツブルクとホームで対戦した。

 敵地での第1レグで、1―1のドローに終ったバイエルンは、開始12分に、エースのレバンドフスキが自ら得たPKを決めて幸先よく先制すると、21分にもこの9番がPKを獲得。再び自ら成功させ、リードを広げる。

【画像】CLのハットトリック記録を更新したレバンドフスキ
 

 ポーランド代表FWは、さらにその2分後にも敵最終ラインの裏に抜け出し、GKと競り合ったボールが、ポストに跳ね返ったところを押し込み、3点目をゲット。なんと開始23分でハットトリックを達成した。

『Opta』によれば、これは1996年にミランのマルコ・シモーナがローゼンボリ戦で達成した24分を上回り、大会最速のハットトリック記録となった。

 攻撃の手を緩めないドイツ王者は、31分にもニャブリがゴールを決め、前半だけで4‐0と圧倒する。

 後半もミュラーの2点とザネのゴールでリードを加点したバイエルンは、反撃を1点に抑えて7-1で圧勝。アグリゲートスコア8‐2でオーストリア王者をねじ伏せている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

世界最高選手の称号!歴代バロンドール受賞者44人を振り返る――1986~2019

【関連記事】
「次元が違う、アホちゃうか」本田圭佑、ロシア侵攻問題への批判に反論「まともな議論ができる人がこれほど少ないとは」
「サンチョやグリーリッシュ以上の成績は見事」南野拓実にリバプール地元メディアが賛辞!去就についても言及「要求額は上がるかもしれない」
『日本のサッカーは野球みたいだ』堂安律が明かす、欧州サッカーとの違い「ボールを奪ったらゆっくり1回裏の攻撃に…」
「とてもイライラしている」久保建英、4連敗を喫したチームの現状に本音。「3点取って負けるというのは…」
「彼はもはやレジェンドではない」ウクライナ代表で最多出場→現在ロシアでコーチの名手が、戦友や同胞選手から痛烈批判「お前はどこにいる?」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ